無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

497
2021/08/14

第22話

22



仕事で疲れた人達が大浴場に浸かっている間
俺はとある人の部屋にいた。



ドユン
ドユン
俺のこと知ってんの?
JIMIN
JIMIN
まぁ多少は
ドユン
ドユン
みんなも?
JIMIN
JIMIN
俺だけ
ドユン
ドユン
そう
ドユン
ドユン
おっちゃんから?
JIMIN
JIMIN
そうだね
ドユン
ドユン
逮捕の時か…
ドユン
ドユン
知ってんならいいや、
ヒョンになら見られても構わない
JIMIN
JIMIN
ドユン
ドユン
風呂に浸かりたくないわけじゃないから
ドユン
ドユン
見るのも見られるのも嫌なんだ
JIMIN
JIMIN
8時以降は少ないよ
ほとんど人が来ない
ドユン
ドユン
ならその時間一緒に風呂入ろ
JIMIN
JIMIN
見てもいいの?
ドユン
ドユン
聞いてるなら別に
ドユン
ドユン
過去のこと色々話したくないだけだから
JIMIN
JIMIN
風呂までここにいる?
ドユン
ドユン
部屋帰るよ、ルームメイトぐぅちゃんが心配するからw
JIMIN
JIMIN
そう、じゃあ呼びいくね
ドユン
ドユン
頼むー!



何が起こる訳でもないのに


俺は緊張していた。