プリ小説

第79話

#17-4
私は目が覚めてからマサイと過ごしてきた

時間が1番長いんじゃないか、というぐらい

一緒に過ごしている。

マサイ以外のメンバーはサークルとか用事とか

動画の作成とかで週末とかしか来ていないのに

マサイはほぼ毎日、来なかったら心配になる

くらいの頻度でお見舞いに来てくれる。

そんな毎日顔を合わせているマサイにも目が覚めて

からちゃんと聞いたことがないことがあった。

ずっと聞こうと思っていたのに聞けなかったこと。

聞きにくかったこと。

それが私が4年間も眠ってしまった理由。

目が覚めた直後くらいに1度理由らしきものを

聞いたことがある。

そのときマサイが『俺のせいだ』みたいなことを

言っていたような気がする。

たぶんそれもあって今まで理由が聞けなかった。

でもやっと聞ける。

そう思うと楽しみなような、でも怖いような

不思議な気持ちになった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ログアウト
ログアウト
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る