プリ小説

第74話

#16-4
「いやぁー退院できると知るといつもと

 やる気が違いますね~菜々美さん。笑」

「え?出ちゃってます?笑」

「出ちゃってる。笑」

「でもさ、頑張れるんですよ。笑」

Fischer'sと馴染んでから『早く退院したい』

という思いが強くなってきていた。

特にマサイと付き合い始めてからは

早くデートしたいね、なんて話してみたり。

その念願の"退院"が日曜日にできるんだ。

リハビリ頑張ろうっと。

「菜々美ちゃん骨折した人みたいだよね笑」

「先生が松葉杖使わせるからじゃん!笑」

「まぁ松葉杖しかないからね笑」

「てか私大学行けないじゃん!!!」

「大丈夫、手続きはしてあるはず」

「本当に?!!!??」

「菜々美の母さんと俺の母さん

 仲良いんだけど俺の母さんの知り合いなのよ

 大学の偉い人が、さ!笑」

「まじ!マサイの母さん感謝!ありがとう!笑」

「どういたしまして笑」

「じゃあ日曜日までリハビリ頑張ろう!」

「はい!頑張ります!」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ログアウト
ログアウト
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る