プリ小説

第16話

#3-4
「はぁ…なんなんだろ…」

これ現実なのかな…。

フクナって呼ばれてるし。

①4年前の事故で私は眠ってしまい

 それより前の記憶を無くし4年間違う

 人生を夢の中で歩んでいた。

②①の逆でこれから夢の中で人生を歩む。

4年前事故に遭っていたとすれば

記憶がぷっつりないのも説明がつかなくもない。

②であることを信じたいが①な気もする。

あの人たちとはなぜか話しやすいし違和感がない。

だけど…健斗と葵のとこに戻りたい。

健斗と暮らしたい。

葵とまた遊びたい。

あ…そういえば葵がなんか言ってたような…。

まっ気のせいか!!

もしかしたら寝て起きたら

健斗が大丈夫?って言ってくれるかもしんない。

今日はまだ早いけど寝よう。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ログアウト
ログアウト
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る