プリ小説

第108話

#23-5
「えっ…」


「俺…貴方たちと友達ですか…?」

「嘘…だ…」




「嘘です。www」

「は?」

「え?マサイ?え?」

「俺記憶喪失なんかじゃねーからw」

「ほんとに…?」

「ほんとだよ」

「菜々美」

「シルク」

「モトキ」

「ダホ」

「ぺけ」

「ダーマ」

「ザカオ」

「モモ」

「ほんとに…覚えてくれてる…」

「当たり前だよ、菜々美とはちげーんだよw」

「もー良かった…」

「おいおいバカップルかよ〜w」

「とか言うシルクも?涙目?www」

「「 マサイ〜良かったあ〜 」」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ログアウト
ログアウト
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る