プリ小説

第60話

#14-2
「久しぶりの9人だし思い出話でもしますか!」

「おお!いいね!!笑」

「モモにしては良い提案」

「モモにしてはってなんなのさ!笑」

「にしては、じゃん笑」

「みなさん仲良しですね~~笑」

「ダホ、モモ、菜々美に言われてんぞw」

「「 仲良くないし!!」」

「はい、仲良し確定」

「ダーマまでー!もうー!」

「はい、話それてますよ~」

「さすがリーダー!!」

「とかいってダホは話戻して欲しいだけだろ笑」

「なっなぜわかった…笑」

「もういいよー!!私の記憶を戻して!!」

「お前の記憶はまだ戻らない…」

「なんで!!笑 思い出話したら戻るわ!笑」

「さぁね~~笑笑笑」

最近は私の記憶をネタにして話せるようになった。

"記憶が戻って欲しい"と思いつつも

記憶が戻らなくても"この幸せが続いて欲しい"

記憶が戻って皆との関係がギクシャクする

くらいならこの生活が続けばそれでいい、と

思うようにもなっていた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ログアウト
ログアウト
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る