無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

第7話
テヒョンside











俺は聞いてしまったんだ…












俺はあなた達が部屋を出たあと。気になったからあとを付けた。




そしたらジョングガの低い声で








『君を襲うからだよ。』





そう聞こえたんだ…











最初はそんなことあるわけないと思った











でも、、そんなことあったみたいだ。












部屋からジョングガとあなたの喘ぎ声が聞こえる。














それといやらしい音がパンパンと聞こえる…



その時俺は。とても胸が痛かった。




どうしてかは自分でもよく分からない。





でも、あなたが俺以外の男と喋ってたり一緒にいるとなんだかムカつくんだ…






next