無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

第6話

そう言うとジョングクさんは私にキスをしてきた。
you
you
ンッ//ハァッ//ジッジョングクさんッ///
チョンジョングク
チョンジョングク
ンッチュッ//ハァハァ////
チョンジョングク
チョンジョングク
キスで感じちゃってんじゃん☺️
チョンジョングク
チョンジョングク
じゃあ次はここかなぁ??

そう言うと私の胸を触りったり舐めたりし始めた。
you
you
ンッ////ハァッ///ラメッデスッ///////
チョンジョングク
チョンジョングク
めっちゃコリコリしてるけど?ここ?


コリコリッ
you
you
アッ//ハァッ//ヤダァッ//
チョンジョングク
チョンジョングク
やだじゃなくて。もっとでしょ?
体は正直だよ?

そういいジョングクさんは私の下に指を入れたり出したりした。
you
you
アンッ//アアッ//ンッハァハァ//

クチュクチュ
チョンジョングク
チョンジョングク
あなたちゃんエロい音が聞こえるよ?
チョンジョングク
チョンジョングク
もう俺ダメだ。入れるよッ
you
you
ダメェッ//

ズボッ
you
you
アハァァン//
チョンジョングク
チョンジョングク
ンッ//キモチヨスギッ//
チョンジョングク
チョンジョングク
ウゴクヨッ//

そう言うとゆっくり腰を上下にした。
you
you
アンッアンッアンッ////
you
you
ンフゥッ//ジョングクサンッ///ナンカキマスッ//
you
you
アッ//ンッンッンッ//
チョンジョングク
チョンジョングク
ジャアもっと奥に突かなきゃねッ//

ジョングクさんは急に激しくした。
you
you
アンッアンッアンッ////アアアアアアッ/////
チョンジョングク
チョンジョングク
アアアアアアッ////

二人同時にイった。
チョンジョングク
チョンジョングク
ハァハァ気持ちよかったね//
you
you
ジョングクさんッなんでこんなことしたんですかッ?
チョンジョングク
チョンジョングク
それは…あなたちゃんの服がいけないんだよッ胸元が見えていてッ僕我慢できなかったんですッ
you
you
そ、そうなんですか…💭全然気づかなかった…
you
you
き、今日はもう帰ります…
you
you
で、では…
チョンジョングク
チョンジョングク
あ、あの!なんかその…ごめんね…
you
you
い、いえ…



NEXT




初めて🔞書いてみたんですけどどうですかね?下手ですよね😅すみませんね😭
私こう見えて超ピョンテなんです(σº∀º)σドヤ
もうセックsとか大好きよ笑
なんか🔞の小説書いてる人いたらおすすめのとか教えて欲しいです!

じゃあねぇ〜