無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

第4話
you
you
てか、なんで私テヒョンさんの家に居るんですか…?
キムテヒョン
キムテヒョン
お前が昨日知らん間に寝てたからだろ。
キムテヒョン
キムテヒョン
家知らなかったしだから俺の家連れてきたんだよ。
you
you
💭あ、、ほんとにやらかしすぎ…
you
you
ほ、ほんとにごめんなさい…
キムテヒョン
キムテヒョン
それじゃ、飯食うぞ。
you
you
え、私も食べていいんですか?
キムテヒョン
キムテヒョン
じゃあ飯いらねぇんだな
you
you
い、いや!いります!!!お腹すいてペコペコなんです!!!
キムテヒョン
キムテヒョン
ㅋㅋ
you
you
あ。
キムテヒョン
キムテヒョン
なんだよ。
you
you
テヒョンさんが笑った!!!
キムテヒョン
キムテヒョン
わ、笑ってねぇし
you
you
いや!今絶対笑いましたよね!?
キムテヒョン
キムテヒョン
わ、わらってねぇっつってんだろ!
you
you
いや、絶対笑いましたよ!


って言いながらテヒョンさんに近ずいたら自分の足につまずいた。
you
you
きゃっ!
キムテヒョン
キムテヒョン
おいっ!(キャッチ)
キムテヒョン
キムテヒョン
ったくッ何してんだよ//バーカ//
you
you
す、すみませんッ/////



なんで二人とも照れてるかって?


それはねぇ…











今あなたちゃんテヒョンさんに抱かれてるんです♡♡
you
you
あ、あの。。そ、そろそろ離してもらってもいですか…?
キムテヒョン
キムテヒョン
あ、//ご、ごめ……
you
you
い、いえ!だ、大丈夫です!
you
you
そ、その…助けてくださってありがとうございます☺️💓
キムテヒョン
キムテヒョン
💭こいつ…/////
キムテヒョン
キムテヒョン
ん。とりあえず飯食うぞ
you
you
はぁーい!


トコトコトコトコ(階段降りる音だよ?なんだと思った?)
キムテヒョン
キムテヒョン
ん。

テヒョンさんはそういい机の上にお皿を置いた。




そのお皿にのっていたのは…
you
you
パ、パンケーキ!?!?
キムテヒョン
キムテヒョン
な、なんだよ。パンケーキじゃわりぃか?
you
you
い、いや!テヒョンさんがパ、パンケーキを作るって感じじゃないから…((ボソッ
キムテヒョン
キムテヒョン
な!なんだと!?
you
you
い、いや!悪気はないんです〜!

そう言いながら家の中を走り回っているあなた
キムテヒョン
キムテヒョン
おい!人の家で走り回るな!
you
you
あぁ💦💦ご、ごめんなさい!
キムテヒョン
キムテヒョン
は、早く食べるぞ。
you
you
はい!





next