無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

第9話
you
you
!!!
you
you
…スミマセン😢
キムテヒョン
キムテヒョン
い、いや…こっちこそごめん…
キムテヒョン
キムテヒョン
じゃ、お、俺帰るわ。
you
you
え!あ、そ、そうですか…


そして、外まで行き。
you
you
送っていただきありがとうございました…
キムテヒョン
キムテヒョン
ん。
キムテヒョン
キムテヒョン
……明日もこいよ。
you
you
…へ?
キムテヒョン
キムテヒョン
だから、明日もこいっつってんの。
you
you
は、はい…
キムテヒョン
キムテヒョン
これから帰り送るから。
you
you
え、そ、それは大丈夫です!
迷惑かけてしまうので…
キムテヒョン
キムテヒョン
…心配なんだよ((ボソッ
you
you
…え??
キムテヒョン
キムテヒョン
お前は可愛いから誰かに連れていかれないかとか襲われないか心配なんだよ!
you
you
…そんなこと思ってくれてたんですか…?
キムテヒョン
キムテヒョン
ッ…
you
you
でも、私は大丈夫です☺️
you
you
テヒョンさんはホストで頑張ってください!
キムテヒョン
キムテヒョン
いや、ぜってぇこれから送るから。
キムテヒョン
キムテヒョン
強制な。
キムテヒョン
キムテヒョン
じゃな。
you
you
え!テ、テ、テヒョンさん!!

彼は振り向かずそのまま帰ってしまった。





そんな、テヒョンさんの後ろ姿に少しドキッとしたのは私だけの秘密。





















NEXT


短くてすみません🙏🏻