無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

第8話
私は早歩きで家の方向に歩いていった。






ジョングクさんはなぜ私に…






まさか胸元が空いていたなんて気づかなかった…







でも、そんな所を見ているなんて思いもしなかった…





そんなことを考えていたら…
??
おいっ
おいっと言われ腕を掴まれた

私はとっさにその人を殴って?しまった。
you
you
!?((バコッ
??
いってぇ
??
何すんだよ
you
you
え!?テヒョンさん!?



そう、まさかの私はテヒョンさんを殴ってしまったんですっ!😭
キムテヒョン
キムテヒョン
てめぇ…
you
you
あぁ💦💦すみませんっ😅
キムテヒョン
キムテヒョン
何笑ってんだよ。いてぇっつーの((ポコッ

ポコッの音はテヒョンがあなたちゃんにデコピンした音ですよっ🙄
you
you
いてっ!!!
you
you
な、何するんですか!?
キムテヒョン
キムテヒョン
ㅋㅋ
キムテヒョン
キムテヒョン
お返しだよ。バーカ
you
you
バ、バーカ!?
you
you
わ、私はバカじゃないです!
キムテヒョン
キムテヒョン
どうみたってバカだろ。
ヤラれたくせに((ボソッ
you
you
え!?
you
you
な、なんで知ってるんですか!?
キムテヒョン
キムテヒョン
知ってるも何も聞こえてたんだよ//
you
you
何が聞こえてたんですか?


でましたぁーー!あなたちゃんの天然発言が…さぁ!テヒョンさんどうしますか!
キムテヒョン
キムテヒョン
そ、それはッ…
you
you
??
キムテヒョン
キムテヒョン
い、言えるわけねぇだろッ!
バーカ!((ポコッポコッ


テヒョンさんあなたちゃんにデコピンを2回もしました。
you
you
い、いったぁい!😢
you
you
テヒョンさんッ痛いですよぉ…😢
キムテヒョン
キムテヒョン
あ。ご、ごめッ
you
you
それよりテヒョンさんなんでここに居るんですか??
キムテヒョン
キムテヒョン
それは…もう遅いし女一人で歩いてたら危ねぇから((ボソッ
you
you
もしかして!私の事心配できてくれたんですか!?
キムテヒョン
キムテヒョン
ち、ちげーよ!
you
you
きゃー!テヒョンさんって意外と優しいんですねぇ!😂


そう言いながら飛び跳ねて歩いているとテヒョンさんを押して転けてしまった。
you
you
きゃっ!
キムテヒョン
キムテヒョン
おいっ//














そう今の状態分かりますか???



















あなたちゃんがテヒョンさんを床ドンしてるんです💓
you
you
あ、そ、その…//こんなつもりは…///
あなたが今すぐ離れようとしたとたん
you
you
きゃっ!


テヒョンさんが上手いことクルッとさせて
テヒョンさんがあなたちゃんを床ドンしてるようになった。
you
you
あ、あの…/////
キムテヒョン
キムテヒョン
お前…誘ってるようにしか思えない…/
you
you
え。。?//
キムテヒョン
キムテヒョン
お前の家に連れてけ
you
you
な、なんでテヒョンさんが私の家にわざわざくるんですか!?
キムテヒョン
キムテヒョン
家に送るっつったろ
you
you
あ。。そうでした💦


こうしてあなたの家に到着





そしたらテヒョンさんが玄関まで入ってきた。
you
you
あ、あの…送るだけですよね?



そう言うとテヒョンさんは返事なしで私をお姫様抱っこした。
you
you
え!?テ、テヒョンさん!?
キムテヒョン
キムテヒョン
…寝室どこだよ
you
you
あ、あっちですけど…


そう言うとテヒョンさんは寝室に向かった、


ガチャ(ドア開けた音)



ガチャン(ドア閉めた音)




すると、テヒョンさんは私をベッドに押し倒した。
you
you
きゃっ!
you
you
ちょ、ちょっと!なんなんですか!?
キムテヒョン
キムテヒョン
お前のせいだろ…
キムテヒョン
キムテヒョン
お前が可愛すぎて
俺の理性がもたねぇんだよ…((ボソッ
you
you
え。いまなんt…!?!?!?
キムテヒョン
キムテヒョン
チュッ//ンッ//ハァッ///
you
you
ンッ//チュッ/ハァハァ///
you
you
きゅうになんなんですか!?
キムテヒョン
キムテヒョン
だからっ!お前が可愛すぎんだよっ!


私は今初めてテヒョンさんに怒鳴られた。





next






ごめんなさい〜書いてたらそういう雰囲気になっちゃってちょっと🔞これ入っちゃった(・ω<) テヘペロ((殴