無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

274
2020/12/30

第1話

🐶
私
ハァハァ…
ある日の羽田空港。



私は走っています。色々と間に合いません。






まず1つ目、セブチのサイン会に遅れそうです。


2つ目、いや、1つしかねぇわㅋㅋㅋ




あ、なんで羽田空港にいるかって?なんででしょ〜?←




冗談です。韓国の短期留学が終わって帰国してきました。
 





急いで家に帰って会場に向かいます。
 




会場



たくさんのカラットが集まっていて、同じ話ができるのが楽しい😊




(飛ばします。)



最後に推しのミンギュオッパがいる!長く話せるかな?
ミンギュ
ミンギュ
こんにちは^^*
私
こんにちは
やばい。しっぽと耳が見える。めっちゃしっぽ振ってて可愛いんだけど
ミンギュ
ミンギュ
名前は?
私
あなた。
ミンギュ
ミンギュ
可愛い名前ですね。何歳ですか?
私
18歳です。
ミンギュ
ミンギュ
あ、韓国語話せるの?
私
少しだけ…
サインを書き終わったあとにポストイットを見てくれて返事を書いてくれた。
ミンギュ
ミンギュ
僕のペンなんだぁ♡嬉しい
あ〜尊い。誰かわかって!!!




も〜しっぽがちぎれるんじゃないかってくらい振ってる。
ミンギュ
ミンギュ
これ見て。
私
?
付箋に目をやると何かの番号が書かれてある。
ミンギュ
ミンギュ
僕の電話番号。必ずかけてね
私
はい!



これが夢でも嘘でもいい。絶対掛けるからね