無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

180
2020/12/30

第3話

🐶
朝

朝までまともに寝れずに起きてました。というかゴセ見てました←




時間に余裕があるからゆっくりと準備して余裕をもって家を出た。





こんな服で行きます




ハチ公前



まだ9時半なのに大きな犬が小さな犬の前に立ってます。



目立って仕方ない。何時から居たんだろうか、昨日とか?←
私
お待たせしました
ミンギュ
ミンギュ
全然待ってないよ!かわいい服だね
私
こ、コマウォ///
ミンギュ
ミンギュ
どこ行く?せっかくだし東京案内してよ!
どこへでも案内させていただきます!
私
あの、いつから待ってたんですか?
ミンギュ
ミンギュ
さぁねㅋさ、行こ!
スっと手を握って歩き出す。




大きいから意外と早歩きなのかと思ったら歩幅を合わせてくれた。
私
いつ、韓国に帰られるんですか?
ミンギュ
ミンギュ
(*`н´*)
え?なにか悪いこと言ったかな?
ミンギュ
ミンギュ
敬語嫌だ。
私
へ?
ミンギュ
ミンギュ
タメ口!たくさんオッパって呼んでよ
私
オッパ////
ミンギュ
ミンギュ
ㅎㅎ



ショッピングモール


(作者は東京出身ではありませんのでご了承ください。)
ミンギュ
ミンギュ
これ可愛い
私
そうだね
ミンギュ
ミンギュ
ん〜どうしよう…
私
2万ウォン(2000円)のパズルってㅋ
どの犬のパズルを買おうかずっと迷ってるㅋ
ミンギュ
ミンギュ
どっちがいいと思う?
私
こっち
ミンギュ
ミンギュ
じゃああなたが選んだ方買お〜
ルンルン気分でレジへ向かわれました。
ミンギュ
ミンギュ
もう昼だね。何か食べに行こうか!何食べる?
私
ん〜オッパが食べたいものでいいよ。
ミンギュ
ミンギュ
それなら焼肉でいい?
私
うん。


近くの焼肉屋に入って注文した量が半端なかったけど全部オッパが完食。




この人の胃袋はどうなっているんでしょうか




夕方
私
ハクシュン
今はまだ春で少し肌寒い。
ミンギュ
ミンギュ
これ着てて。
私
ありがと
手を繋いで騒がしい渋谷街を歩く。



身長差30センチ以上あるわけで周りからの視線が痛い。
ミンギュ
ミンギュ
あなたは…好きな人いる?
私
恋愛したことないからわかんないㅋ
ミンギュ
ミンギュ
じゃあオッパと付き合わない?まぁ…遠距離になるわけだけど…
私
オッパ、アイドルじゃん。たくさんのCaratいるのにダメでしょ
ミンギュ
ミンギュ
アイドルにもプライベートあるよ!だから、ダメ?
やばい、しっぽと耳が垂れてる。



大きいからだがしゅんとしてるし、どうしたらいいのこれ?
私
ここじゃあれだし静かな場所に行こうよ
ミンギュ
ミンギュ
いいけど
景色のいい場所に行った。周りにはカップルが多い。



場所間違えた
ミンギュ
ミンギュ
返事はいつでもいいからこれだけ受け取ってくれない?
私
開けていい?
ミンギュ
ミンギュ
うん
細長い箱を開けるとダイアモンドの形をしているネックレスだった。
私
可愛い
私
いいよ。
ミンギュ
ミンギュ
?
私
遠距離だし、会えないだろうけどそれでもいいなら。
ギュッ
ミンギュ
ミンギュ
ありがと!!!
苦しい。けど暖かい