無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

ドキドキの次の日
次の日から未空のドキドキが止まらない学校生活は始まった。
そんな日に限って朝玄関を出ると優空が待ってる。
いつもは遅刻ギリギリで学校に来るくせに…
優空
おはよーーーーー😃🌇🐔🐣☀️💓🎵
未空(私)
おはよう☀
なんで今日はいるのー?
優空
いいじゃん。気分。
もう…
期待しちゃうじゃん!
未空(私)
で、一緒に行くの?
気持ちがバレないように強気で言っちゃう
優空
もちろーん😬
その為に待ってたんだから!
私たちはその日一緒に学校に行った。
未空(私)
ねぇ、優空はさ、好きな子とかいるの?
優空
なんだよ、急に!!
未空(私)
いいじゃん。気分笑笑
優空
あそ笑笑
いないよ。おれ、初恋まだだし。
クラスのやつ何人かは好きなやついるらしいけどな。
未空(私)
へぇー(⑅•。•)
優空
なんだよ、キョーミなさそうだな。
え、ふてくされてる!!?
未空(私)
ううん。教えて下さりありがとうございます。
私はわざと言ってみた。
優空
なんだよそれーーーーー!!笑笑
私たちは鬼ごっこをしながら学校へ向かった。
こういう時には学校が遠くて良かったなと思う。




こんな毎日が卒業するまで続きますように!!