無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

それからのこと。
そうして5歳。
私たちは幼稚園に入園することになった。
友達①
やっぱり未空ちゃんは、近くの朝日幼稚園に通うの?
友達②
えぇ。
その予定。
優空君は?
友達①
家も朝日幼稚園に通うつもり。
これからもよろしくね〜
私はこの時の記憶が無い。
というか、単純に覚えていない。
この時のアルバムを見れば優空との写真ばかり。
あぁ、やっぱり優空好きだな…