無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

小学校入学
私は覚えていないんだけど、お母さんによると優空と私はこの時には「結婚するーーーーー」とか2人で言ってたらしい笑
今の私たちからしたらありえないんだけどね。




幼稚園ではそんなふうに「結婚するーーーーー」で毎日が過ぎていった。
友達②
未空たちももう小学生か…
時が経つのって早いわね……
友達①
そうね〜…
これからどうなるのかしら…
優空と未空ちゃん、クラス一緒じゃなかったらしいし…
未空ちゃんがいると安心なんだけどね。
友達②
そんな!!
こちらこそよ。
私たちの家の近く、ギリギリ地区が通っていた幼稚園と違うから一緒の学校の子、優空くんしかいないんだもん。
同じクラスじゃないなんて…
友達①
人数多いとこういう時に心配よね…
友達②
まぁ、なるようになるでしょう笑
これからも変わらずよろしく!!
友達①
こちらこそよろしくね💕
こうして私たちは溝端小学校に入学した。