無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

誕生日特別編 5
無神ユーマ
無神ユーマ
...よう、シュウ...起きてるか?
シュウ
シュウ
...ん...ああ、ユーマか...。
ユーマは部屋に行くと、シュウの隣に腰かけた。
無神ユーマ
無神ユーマ
...そろそろ、仕事行く時間だってよ...。あなたから聞いたぜ、お前自分の誕生日忘れてたらしいな?
シュウ
シュウ
...まあな、ヴァンパイアには関係のないことだと思ってたし...。お前は、あのクソ親父から聞いたらしいな?俺の誕生日...。
無神ユーマ
無神ユーマ
...まあな、アズサの奴の誕生日をコウが祝おうかって話をしていた時にカールハインツ様が来て、教えて下さったんだ...俺にだけな...ルキ達にも話したら協力してくれたけどよ...。ちょうどあなたも祝おうとしてたみてぇだしよ...俺も、エドガーとしてやれなかったことも...今はやってあげてぇと思ってたしな...。シュウ...。
シュウ
シュウ
...エドガー...。...は、誕生日なんてどうでもいいと思ってたが...エドガーとあいつが祝ってくれるんなら悪くないかもな...。...ああ、そういえばお前の誕生日はいつなんだよ?エドガー...ユーマ。...面倒だけど、次から祝ってあげないこともないけど?
無神ユーマ
無神ユーマ
...っ、お前...!
こうしてしばらく二人は話をし...そして、シュウの誕生日となって...。
作者
...すみません、この時点で日付変わっててやっぱり誕生日中には終わらせられなかったんですが、引き続き連載していきます!ごめんねシュウ様(^^;早めに終わらせられるように頑張ります!