無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

動き出した計画
カールハインツ
カールハインツ
...ふむ、どうやらイヴは...あなたさんはシュウと永遠に一緒にいることを選び、もう人間ではなく我々と同じヴァンパイアとなり...どうやらユーマやルキ達と一緒に、結婚式や披露宴の準備をしているようだね...。そうか、シュウとあなたさんは結婚し、もうシュウとユーマも以前のように仲良く出来ているようだね...あなたさんのお陰で...。イヴが人間ではないとしても、ヴァンパイアだとしても特別な血をもつ存在、イヴだということには変わりはない...そろそろ、これを機に始めるとするか...私の計画をね...。
カールハインツはエデンから、魔力を使って人間界の...シュウやあなたの様子を定期的に見ていた。そうして一人そう呟くと、静かに笑った。
そうしてその頃、あなた達は会場となるエドガーの村で相談をしていた...。
あなた

...段々ようやくここも魔力で整備出来てきてるし、あとはその...当日のバージンロードのこととか、神父さんのこととか...決めないとね...?

シュウ
シュウ
...まあ、ヴァンパイアになったばっかりのあんたは魔力を使いなれなくて大変だったけどな...。はぁ、そうだな...。
あなた

う、ごめんなさい...。私、お父さんいないからバージンロードは...1番関係シュウとも私ともあるし、ユーマ君にお願いしようかなと思うんだけど...どうかな...?

無神ユーマ
無神ユーマ
...あ?俺かよ...。まあお前やシュウが良いってんならいいけどよ...。
シュウ
シュウ
...そうだな...別にいいんじゃないの...?あんたの好きで...。
あなた

あ、ありがとう...じゃあ、あとは神父さんとか司会だけど...。

カールハインツ
カールハインツ
...やあ、ひさしぶりだね、シュウにユーマ...そしてあなたさん...。
三人
...!?
そうして話をしていると、後ろからカールハインツが現れ...。