無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

準備
あなた

...そうだ!こんなにまだいっぱい実がなってるんだし、この林檎、披露宴の時の料理にも使わない...?

無神ユーマ
無神ユーマ
...あ...?そうだな、こんなにあるんなら使ってもいいかもしれないな...。
シュウ
シュウ
...そうだな...いいんじゃない?料理はほぼあんたとか...ルキの奴に任せるような感じになるだろうし...。
あなた

ふふ、ありがとう!じゃああとでまたルキ君とも相談するね...!

そうしてそれから少しずつ、あなたはルキと料理の相談をしていったりシュウやユーマと魔力でエドガーの村の開拓などもしていって結婚式や披露宴の準備などしていった...。そうして、その様子を魔力で隠れて見ていた人物がいた...。