無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第69話

50ページ目。
ステージ袖にいた皆が

手を振りながら上がってくる。

私は素早くベースを袖に置いて

再びドラムの前に行く。

満面の笑みを浮かべた坂田君から

スティックを受け取る。


ベースに持ち替えたまふ君。

ギターを持ってお客さんに手を振るそらる先輩。

MCで使ったマイクをスタンドにセットして

ギターを構えるうらた先輩。

ギターに持ち替えた坂田君。

ベースを持ったまふ君と

顔を見合わせて笑う志麻先輩。

肩掛け式のキーボードを構えるセンラ君。

キーボードの前に立つ天月君。


私はスローンに座り、皆の方を向く。

全員が準備を終えて視線を交える。

皆、最高の笑顔だ。

私は腕を大きく上げてカウントを取った。


アンコールの1曲はロキ。

そらる先輩、うらた先輩、坂田君の

3本のギターは強烈に、

まふ君、志麻先輩の

ベースは重く深く、

センラ君、天月君の

キーボードは軽快に響く。

私も皆に負けじと力強く叩く。

そらる先輩に思いっきり叩いて、と言われた。

その通りにドラムを鳴らす。

ロキは全員ボーカルだ。


始めに歌うのは

浦島坂田船でのレアコンビ、裏千家。
うらたぬき
うらたぬき
さあ 眠眠打破
センラ
センラ
昼夜逆転
うらたぬき
うらたぬき
VOX AC30w
裏千家
裏千家
テレキャスター 背負った
サブカル ボーイが
バンド 仲間に やっほー
うらた先輩の高音と

センラ君の低音が綺麗に重なる。


裏千家が指した先にはしまさか。

志麻
志麻
アルバイトは ネクラモード
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
対バンには ATフィールド
しまさか
しまさか
“人 見知り” 宣言で 逃げる気か ボーイ
2人の力強い声が

お互いを引き立て合いながら重なる。


次はAtRことそらまふ。

After the Rain
After the Rain
ゆーてお坊ちゃん お嬢ちゃん
お金 も 才能 も
なまじっかあるだけ 厄介で やんす
まふまふ
まふまふ
Boys be ambitious…
そらる
そらる
ハイハイ
まふまふ
まふまふ
like this old man
ユニット2人の安心感。

まふ君の高音をそらる先輩が

低音でサポートしている。


そして私と天月君。
天月×(なまえ)
天月×あなた
長い 前髪 君 誰の 信者
(なまえ)
あなた
信者
天月-あまつき-
天月-あまつき-
信者
2人で歌うのは初めてのはずだけど

どこか懐かしさを感じる。

それくらい天月君の声が

安定しているのかな。


全員の声を重ねてサビへ。
全員
全員
勘違いすんな 教祖は お前だ
After the Rain
After the Rain
ロキロキの ロックン ロックンロール
うらさか
うらさか
かき鳴らす エレクトリックギターは
志麻セン
志麻セン
Don't stop! Don't stop!
天月-あまつき-
天月-あまつき-
さあ 君の全てを
(なまえ)
あなた
さらけ出して 見せろよ
全員
全員
ロキロキの ロックン ロックンロール
お馴染みのコンビ、天月君と私のソロ。

そして全員。

会場は今日最高の盛り上がりを見せた___



全員
全員
ありがとうございましたー!
ブー

ブザーが鳴って幕が下がって行く。

皆お客さんが見えなくなっても

しばらく手を振っていた。