無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第100話

72ページ目。
そらる先輩とお買い物に行った

次の日からも部活や家にて練習に励み、

あっという間に旅行の日になった。
志麻
志麻
やって来ましたー!
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
お楽しみ旅行ー!
全員
全員
イェーーイ‼︎
うらたぬき
うらたぬき
…って、坂田違う!
強 化 合 宿 ‼︎
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
夏休み強化合宿ー!
全員
全員
イェーーイ‼︎
天月-あまつき-
天月-あまつき-
珍しく遅刻なくそろったね。
まふまふ
まふまふ
皆楽しみだったからね〜。
センラ
センラ
まふ君えらく荷物がデカイけど
何が入ってるん?
まふまふ
まふまふ
トランプでしょー、オセロでしょー
それから……
センラ
センラ
え…?
そらる
そらる
お前これ……全部お楽しみグッズだろ。
まふまふ
まふまふ
正解です‼︎
(なまえ)
あなた
先輩の話、本当だったんだ…。
天月-あまつき-
天月-あまつき-
何か前より量増えたような…?
集合場所にて朝の挨拶やら

にぎやかな会話を済ませて

皆して新幹線に乗り込む。
うらたぬき
うらたぬき
はい、まず今日の予定確認!
部長であるうらた先輩は

皆に見えるように立ち上がり、

小さな手帳を取り出して

仕切り始めた。
うらたぬき
うらたぬき
ホテルに着いたら荷物を置いて
3部屋借りてあるから分かれて練習。
7時になったら各自部屋に戻って
お風呂にGo‼︎
皆と同じく相づちを打っていると
うらたぬき
うらたぬき
あなた、女風呂は男風呂の真反対だから
途中でまふと分かれて行ってね。
時間までゆっくり入って大丈夫だから。
声のボリュームを下げて

うらた先輩が言ってくれた。


私が口パクで

「ありがとうございます」と言って

手をじたばたさせると、

うらた先輩は微笑みを返してくれた。
うらたぬき
うらたぬき
んでお風呂タイムが終わったら
夜の宴、全力パーリナイに突入!
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
楽しみやな〜!
天月-あまつき-
天月-あまつき-
今回は何が飛び出すやら…。
まふまふ
まふまふ
何でもいいけど
放送事故みたいなことは
やめてね、センラ君。
あなたちゃんもいるし。
センラ
センラ
大丈夫、大丈夫やって。
まっかせろ〜‼︎
志麻
志麻
…既に不安なんやけどww
そらる
そらる
やるなら思いっきりやってね。
この「全力パーリナイ」中に

サプライズを行う予定だ。


仕切っているうらた先輩と

さかたんとまふ君の間で

笑う天月君だけ何も知らない。


私もこないだそらる先輩と買った

プレゼントを荷物に忍び込ませてある。
うらたぬき
うらたぬき
ある程度したら解散にしておやすみ‼︎
…今日はこんな感じ、だな。
皆が頷くとうらた先輩は座り、

わちゃわちゃとした談笑が始まった。