無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第82話

60ページ目。
時間が過ぎるのは

あっという間で、

もう夏休み間近だ。


夏休み前の体育祭準備は終え、

文化祭ライブの目処も立った。
うらたぬき
うらたぬき
曲、パート分けはこれで決まり!
皆これでいいよな?
天月-あまつき-
天月-あまつき-
異論なーし!
そらる
そらる
うん、いいんじゃない。
志麻
志麻
忙しくなるなぁ…。
まふまふ
まふまふ
頑張るしかないないよ。
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
文化祭が楽しみだあー!
センラ
センラ
坂田はその前に体育祭を
頑張らないとやろ。
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
そうだったー!
私は配られたプリントに目を通す。

ドラムが2人、なおかつさかたんが

始めたてと言うことだったり、

私の出来るパートが人手不足だったりで

私のパート量は凄まじかった。

4部全て、全曲に出演。


仕方ないことだと分かっていたが、

あまりにも多い。

皆も凄く気にして

配慮してくれようとしたが、

「自分に出来ることなら」と

引き受けることにした。


前回のライブとは比にならない量。

でも私は今の実力を全て

この文化祭ライブにかけることにした。
うらたぬき
うらたぬき
…あなた、やっぱり大変だよな。
気がつくと皆が日常会話に

内容をシフトさせて盛り上がる中、

私を心配してうらた先輩が

私を覗き込んでいた。


きっと険しい顔を

してしまってたんだろう。
(なまえ)
あなた
えっあの……大丈夫です!
出来るだけ明るく笑う。


先輩との最後のライブなんだ。

全力を尽くさなくてどうする。
うらたぬき
うらたぬき
本当か?何かあったら何でも言って。
無理はすんなよ?
(なまえ)
あなた
はい、ありがとうございます!
私が明るく返すと先輩は

心配そうな目をしたまま

皆の会話を止めに入っていった。


せっかく心配してもらったけど。

少しくらいは無理をしないと、

この量はこなせないだろう。


…家での自主練量を3倍くらいすれば、

間に合うかな。