無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第84話

62ページ目。
志麻先輩は「例の話」と言って

楽しげに口角を上げた。

私以外の皆は何の話か

分かっているようで、

少し浮き足立っているように見える。
志麻
志麻
…今年もやるで、
夏の軽音部、強化合宿〜‼︎
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
やったああああああああ!
天月-あまつき-
天月-あまつき-
イェーーーーーーーイ!
志麻先輩が力んで言うと

言い終わるなり

さかたんと天月君が

全力で叫び出す。


他の皆も喜んでいるようだけど、

私は2人の声に驚いた後

訳が分からず小首を傾げる。

志麻
志麻
はいそれじゃあ、
全貌を説明します!
うらたぬき
うらたぬき
あー、まーしぃちょっと待って。
あなたが追いつけてないから。
志麻
志麻
あ、ゴメンな。
まず強化合宿の説明から?
そらる
そらる
あなた。
毎年俺ら軽音部は
夏と冬の長期休みに
強化合宿をしてるんだ。
センラ
センラ
と言っても"合宿"という名の
お楽しみ旅行なんやけどね。
(なまえ)
あなた
お楽しみ、旅行……。
まふまふ
まふまふ
練習2割、遊び8割って感じかなw
(なまえ)
あなた
そうなんだ…。
旅行ってことはお泊まり…?

部員皆でなら楽しそう、かも。
志麻
志麻
あなたオッケー?
(なまえ)
あなた
はい、大丈夫です。
志麻
志麻
今回は2泊3日!
場所はここ!
志麻先輩が地図を広げて

一ヶ所を指す。

そこは全国でも有名な

観光スポットの多い場所。

夏に遊ぶにはうってつけの場所だ。
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
おぉーー!
そらる
そらる
いいねー。
志麻
志麻
そして3日の大雑把な予定はこう。
1日目練習とお楽しみ会。
2日目海。
3日目観光しつつお買い物。
(なまえ)
あなた
すごい……。
これを聞いただけでも楽しそうだ。
志麻
志麻
また"あの方"のご協力で
ホテルも押さえてある。
細かい予定は俺とうらたさんで
ある程度しっかり決めてあるで。
うらたぬき
うらたぬき
そう。今回もかなり豪華なホテルだ。
志麻先輩の言う"あの方"とは

部員の親であり

お偉いさんである方のこと。

軽音部の活動にかなり協力的みたい。
まふまふ
まふまふ
凄い楽しみだなぁ…。
センラ
センラ
ある程度決まってるなら
俺ら何もすることないやん。
うらたぬき
うらたぬき
まぁとりあえず報告ってだけだな。
後は部屋割りとかだけ。
天月-あまつき-
天月-あまつき-
1人1部屋分あるんですか?
志麻
志麻
いや、2人1部屋。
だからあなたには
申し訳ないけど
誰かと一緒に寝てもらうんよ。
ふ、2人1部屋…。

何か志麻先輩の言い方、

含みがあるような…?

一緒に寝るって……。
うらたぬき
うらたぬき
まーしぃ語弊がある言い方すんなよ。
あなた、ベッドは
分かれてるから安心して?
(なまえ)
あなた
あ、あぁはい。
大丈夫です。
ちょっと戸惑って

よく分からない返事をする。


ベッドが分かれてても

男の子と2人同じ部屋で寝るって……

何か緊張してしまう。