無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第101話

73ページ目。
談笑やらまふ君の持ってきた

パーティーゲームやらで

時間を潰していると

あっという間に目的地に到着。
(なまえ)
あなた
ここ……ですか?
志麻
志麻
そう!今回借りたのはこのホテルや‼︎
志麻先輩が指す目の前のホテルは

とても高校生が部活の合宿、旅行で

泊まれるようなレベルのものではない。

豪華すぎる。
うらたぬき
うらたぬき
それじゃあ中に入るぞー。
冷静なうらた先輩を先頭に

荷物を持って入って行く。
(なまえ)
あなた
わあ…!
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
わー‼︎今回もすげー!
そらる
そらる
坂田声でけえよ……うわ、すご。
天月-あまつき-
天月-あまつき-
ヤバー‼︎
いかにもと言う感じのロビー。


外装から分かっていたのだが、

このホテルは和洋折衷建築で

どちらの様式のも上品なセレクトの

家具が置かれている。

絵に描いたような高級感。
センラ
センラ
まーしぃ?あれはもしかして……。
志麻
志麻
センラ、あれはもしかしてもなく
本物のシャンデリラやで…。
まふまふ
まふまふ
あのお花高そうだなぁ…。
皆が思い思いに

あちこちを眺めているうちに

うらた先輩は受付を終えたようで
うらたぬき
うらたぬき
皆ー!各自の部屋番言うから来てー!
号令の下、

皆うらた先輩の元に集まる。
うらたぬき
うらたぬき
あなたとまふが1号室!
1番手前だな。
まふまふ
まふまふ
わーい動きやすーい。
そらる
そらる
お前ずっと部屋にいるだろ…。
私は先輩から鍵を受け取る。


皆が集まる直前に

「動きやすい1号室にしたから」と

言ってくれた。

色々と配慮してもらって

ありがたい反面申し訳ない。
うらたぬき
うらたぬき
俺とそらるさんが2で
坂田とセンラが3、
まーしぃと天ちゃんが4。
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
本当何で俺、センラとやねん…。
センラ
センラ
はあ⁉︎俺やってあなたとが良かったわ!
志麻
志麻
こらこら喧嘩すんなって。
天月-あまつき-
天月-あまつき-
志麻さん俺鍵もらったよー。
志麻
志麻
オッケー、天月。
うらたぬき
うらたぬき
じゃあ荷物置きに移動!
部屋全体を見たりして
時間になったら準備して
練習開始するからな!
そらる
そらる
うらた君行こう。
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
ほれセンラ行くで!
センラ
センラ
坂田逆!逆やから‼︎
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
あれ?
エレベーターで

目的の階に着くと

2人1組となって散って行く。
まふまふ
まふまふ
僕達も行こっか。
(なまえ)
あなた
そうだね。
私もまふ君と1番手前の部屋に入った。