無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第79話

57ページ目。
私と坂田君が部室に着いたのは

時計を見てから1分も経っていなかった。


坂田君、速すぎる…。


坂田君が勢いよく部室のドアを開けた。
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
たのもーう!
(なまえ)
あなた
失礼します。
部室には皆勢ぞろいだった。

誰も楽器は持っていなくて、

1つの机を囲って話しているような状態。
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
あり?皆、演奏してへんの?
天月-あまつき-
天月-あまつき-
2人ともお疲れ様ーって
坂田、この時期何するか忘れたの?
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
へ?
うらたぬき
うらたぬき
お前なぁ……あなたは初めてだから
説明しないとな。
(なまえ)
あなた
何のことですか…?
まふまふ
まふまふ
つい昨日ライブしたばっかりでは
あるんだけど……体育祭の後、
割とすぐに文化祭があるんだよ。
そらる
そらる
俺らは毎年、部活としての
出し物でライブをしてるんだ。
志麻
志麻
俺らの大きな活動の1つやな!
センラ
センラ
結構大規模でやらせてもらっててな、
その分準備も時間をかけないと
いけないんよ。
(なまえ)
あなた
へぇ……そうなんですね!
うらたぬき
うらたぬき
俺ら3年は最後のライブになるから
より気合い入れてかないとな!
(なまえ)
あなた
え⁉︎そうなんですか⁉︎
そらる
そらる
これでも他の部活とかは
夏休み中に引退してるから遅い方だよ。
確かに。

運動部なんかは夏の大会が終わったら

引退するのに文化祭は秋。

そう考えると遅い。


でも寂しいな……。
志麻
志麻
もしかしてあなた、
もっと俺らとやりたかったとか?
(なまえ)
あなた
はい、もちろん!
志麻先輩がニヤニヤしながら

聞いてきたので

元気よく答えた。


私の転校時期的に考えれば

仕方ないのかもしれないけど、

先輩達とはもっと演奏したかった。
うらたぬき
うらたぬき
へぇ〜、嬉しいこと
言ってくれるじゃん。
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
うらさん、ツンデレやなぁ。
うらたぬき
うらたぬき
はぁ⁉︎別にそんなことないし!
うらた先輩と坂田君の

いつも通りの会話に和んだ後、

私と坂田君も席に着いて

話し合いに参加する。
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
今どこまで決まったん?
志麻
志麻
構成と候補曲くらいやな。
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
えー、どうなったん?
坂田君がグイグイ質問して

話を広げて行く。

私は必死に聞き取るも、

分からないことの方が多い。
うらたぬき
うらたぬき
それより先に皆に
言っておきたいことがある。
とりあえず今決まってるのは2つ。
まず文化祭は3日間、
午前午後合わせて6部に分けられる。
そのうちの4部ライブする!
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
おぉ!去年よりも多いな。
まふまふ
まふまふ
楽しみだけど準備が大変になりそう…。
6部中4部……。

皆の雰囲気から察するに

かなり長い時間のライブになるのかな。
うらたぬき
うらたぬき
そして時間は1部の中で1時間半。
つまり合計6時間だ!
天月-あまつき-
天月-あまつき-
えぇぇぇぇぇぇ!
そらる
そらる
やば………。
6時間⁉︎

かなりの長さにただただ驚く。

皆も同じみたい。


さっきまふ君も言っていたけど、

大掛かりな準備になりそうです。