無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

20ページ目。
翌日朝。

今日から朝練習があるので

昨日までより早く起きる。


寝ぼけている体を起こしながら

支度をして学校へ行く。

部室には開始30分前に着いた。
(なまえ)
あなた
おはようございます。
部室のドアを開けると誰もいなかった。

もしかして私が1番乗り⁉︎
うらたぬき
うらたぬき
お、あなた早いな。
おはよう!
奥からうらた先輩が挨拶する。

流石に1番ではなかったか。
(なまえ)
あなた
先輩も早いじゃないですか。
うらたぬき
うらたぬき
俺は部長だし、割と朝強いからさ。
しっかり者だなぁ…。


先輩は書類をまとめていた。

私は先輩の隣に行く。
(なまえ)
あなた
何の書類ですか?
うらたぬき
うらたぬき
これは次の学校ライブの
チラシ用の書類。
(なまえ)
あなた
学校ライブ?
うらたぬき
うらたぬき
あ、そっか。
あなたに活動の話してなかったよな。
先輩はテキパキ書類をまとめながら

私に活動の説明をしてくれる。
うらたぬき
うらたぬき
俺らの活動ってのは
大きく分けて2つ。
学校ライブと野外ライブ。
(なまえ)
あなた
学校内と学校外、ってことですか?
うらたぬき
うらたぬき
そう。
学校ライブは定期的に
体育館とか部室とかで開催してる。
1番大きい学校ライブは
文化祭ライブだな。
野外はライブハウスに行って演奏する。
あんまりやんないけどな。
(なまえ)
あなた
凄いですね…!
結構本格的な活動だな…。

やっぱりライブが

メインの活動になるのか。


うらた先輩は話しながらも

作業を進めている。
(なまえ)
あなた
お忙しいのに、すみません。
うらたぬき
うらたぬき
全然。俺が説明し忘れただけだし。
むしろあなたが早く来てくれて
良かったよ。
先輩は優しくそう言ってくれたけれど

何か申し訳ない。
(なまえ)
あなた
先輩、手伝います…!
うらたぬき
うらたぬき
お、本当か⁉︎
じゃそこの資料取って。
先輩に手伝いを提案し、

話しながら2人で作業を進める。


部活開始10分前になると

部員の皆が部室に入ってくる。
まふまふ
まふまふ
おはようございます。
天月-あまつき-
天月-あまつき-
おはようございまーす。
志麻
志麻
…はよーございまーす。
センラ
センラ
おはようございます。
うらたぬき
うらたぬき
おはよう!
(なまえ)
あなた
おはようございます!
丁度作業が終わったところだった。

入ってきた皆に挨拶する。
センラ
センラ
うらたさんとあなたちゃん
作業してたん?
うらたぬき
うらたぬき
おう。あなたに手伝ってもらってた。
あなた、ありがとな。
(なまえ)
あなた
いえいえ。少しでもお手伝いできて
良かったです。
部活開始時間。

そらる先輩は5分前に来たけど

坂田君が来ていない。
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
おっはようございまーーす!
…セーフ?セーフやろ!
うらたぬき
うらたぬき
今日はギリギリセーフかな。
早く座れ。
坂田君はギリギリ間に合ったみたい。

うらた先輩が"今日はセーフ"って

言ってたってことは

いつもはアウトなんだ…。


全員がそろって活動開始だ。