無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

緑 俺のノート。
その日もまた、用事で

父さんの大学に行っていた。


準備室を訪ねたら

父さんに待っているように言われたから

図書室で自習をしていた。


自習が終わっても父さんは来なかった。

まだまだ時間があるなら

図書室の本でも読もうか、と本棚を見て回る。


気に入った本を見つけて

荷物を置いておいた席に戻る。

読み始めたのは人気作家のミステリー小説。


俺はすっかり夢中になって読んでいたようで

あっという間に読み終えた。

ページ数が少なかったのもあるけど。


俺が本を閉じて

元あった棚に戻しに立ち上がると

俺の目の前に"彼女"がいた。

気がつかないうちに

同じ机で向かい合わせて

座っていたみたいだった。


彼女が開いていたのは分厚い小説。

なぜここにいるのかと周りを見渡すと

俺の前にしか席が空いていなかった。
(なまえ)
あなた
あ、あの……
ここの席、お邪魔でしたか?
俺があまりにも凝視していたからか

話しかけられた。
うらたぬき
うらたぬき
えっ…いや、全然!
話しかけられると思わなくて

上ずった声で返す。


何度も会ったことがあるのに

話したのは初めてだった。
(なまえ)
あなた
そ、そうですか…。
よく通る綺麗な声。
(なまえ)
あなた
あの…あなた、
間違えていたら
失礼ですけど……
何度かお会いしたこと
ありますよね…?
彼女は控えめに、上目遣いで言う。


俺のことを覚えてた…⁉︎

わずかに鼓動が速くなる。
うらたぬき
うらたぬき
あ、はい。
(なまえ)
あなた
図書室で会う時に
読まれている本…
私もよく同じ作家さんのものを
読むので気が合うなぁと
思ってたんです。
彼女はわずかだが、

俺に少し微笑んだ。

自分の中で何かが高まるのを感じた。
うらたぬき
うらたぬき
…!
あぁ、そうなん、だ。
そこから少しだけ、彼女と話をした。


彼女は俺より1つ年下だった。

とても本が好きで、

ここの大学にしかない本を求めて

図書室に来ているらしい。


俺は話せたことの喜びで

彼女からの話を聞いてばかりいた。
(なまえ)
あなた
言いたくなかったら
構わないんですけど…
どうしていつも
マスクをつけて
いらっしゃるんですか?
俺が話を聞いてばかりいることを

気にしてか、俺に話を振ってきてくれた。
うらたぬき
うらたぬき
えっ…と、これは…。
俺は大学に行く時、

いつもマスクをしていた。


大した理由はなかった。

この時俺の中学校では

俗に言うマスクイケメンがモテていた。


俺は中学校でそれを狙っているとは

思われたくないけど、

少し憧れていたから

大学に行く時はカッコイイ

色んなバリエーションのマスクをつけていた。
うらたぬき
うらたぬき
うーんと、
そんな深い意味はないかな。
(なまえ)
あなた
そ、そうなんですね…!
さっきの理由を説明すると

カッコ悪い気がして誤魔化した。

俺の雰囲気を察してか、

彼女はそれ以上何も言わなかった。


…優しいなぁ……。


そこからまたしばらく話していると

父さんが彼女の母親らしき人と来た。
(なまえ)
あなた
あ、では。
…お話、楽しかったです!
彼女は今までで1番の笑顔を俺に向けると

本を閉じて自分の母親の方へ

歩いて行った。


俺の頭の中に彼女の笑顔が深く刻まれる。


確信した。

これは恋だって。

経験したことのない気持ちに戸惑う。


数えるほどしか会ったことがない。

さっきまでのたった数分しか

話したこともない。

きちんと名乗ってすらいない。


俺も、"彼女"も。

お互いのことをほとんど知らない。

だけどこんなに胸がときめくのは。

恋だと、俺の心が叫んでいた。