無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

27ページ目。
下校時刻が近づき

皆が帰りの支度をする。


うらた先輩が前に立つ。
うらたぬき
うらたぬき
はーい、今日の部活はこれで終わり!
ライブは2ヶ月後だ!皆頑張ろうな!
会議の最後に

あと1ヶ月では厳しい、ということで

ライブは2ヶ月後になった。


うらた先輩の号令で挨拶して

部活終了。

浦島坂田船の皆といつも通り帰った。



翌日の朝の部活から

ずっとライブへ向けての練習。


ボイストレーニング。

個人練習。

合奏練習。

まずはボイトレと個人練習。

私は自分の楽器が家にあり、

週末までは学校の楽器を借りて

練習することになった。


今は金曜日の放課後。

皆のサポートのおかげで

慣れてきたボイトレをこなして

自分用の練習室を借りる。


今日はAtRのバック演奏の曲を

練習しようと思う。

昨日までに浦島坂田船の皆、

天月君との曲はあらかた

できるようにしてあるのだ。


After the Rainと浦島坂田船、天月君は

オリジナル曲という

なんと高校生にして自分達の曲があり、

それを演奏しているらしい。


オリジナル曲に関しては

楽譜だけではインスピレーションを

掴みにくいとのことで

浦島坂田船の曲はうらた先輩から

天月君の曲は天月君から

デモをもらってどういう曲か

一緒に練習してもらったりもした。
(なまえ)
あなた
あ。AtRの曲のデモ、
もらってないな…。
After the Rainは2人それぞれのソロ、

2曲分のオリジナル曲を演奏する。

どちらのデモも、もらっていなかった。


自分の練習室を出て、

AtRの2人がいる練習室を探す。

といっても今は個人練習の時間なので

2人は別々の部屋にいる。


練習室の小窓を除いて歩いていたら

誰かとぶつかってしまった。