無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

朱 俺のノート。
翌日の朝。

部活の朝練に行く。
天月-あまつき-
天月-あまつき-
おはようございまーす。
まふまふ
まふまふ
おはよう。
そらる
そらる
おはよー。
次々と部員が集まり

活動開始。
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
…ギリギリセーフ!
坂田は相変わらず遅刻。
うらたぬき
うらたぬき
セーフじゃねえ!
早く準備しろ!
坂田が席に着き、活動開始。


朝練終了。

部活のない生徒の登校時間まで

少し余裕があったので

部室で皆と話す。
天月-あまつき-
天月-あまつき-
ねぇねぇ。新入部員ってどんな子?
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
あなたはなー、
めっちゃ控えめで静か!
うらたぬき
うらたぬき
お前基準だと皆静かだよ。
そうだなー、礼儀正しいって感じ?
志麻
志麻
いい子!
あと顔がめっちゃ可愛い!
うらたぬき
うらたぬき
雑!あと顔かよ!
センラ
センラ
まーしぃ好みの顔かもなぁ。
俺も可愛いと思う。
俺は人当たりが優しい子って
思っとるよ。
そらる
そらる
凄く丁寧だよな。
あと楽器がめちゃ上手かった。
まふまふ
まふまふ
うんうん。
えっとねー、
料理が上手で優しくて
笑顔が可愛くて……
そらる
そらる
まふ、ストップ。
…なんか怖いぞ。
まふまふ
まふまふ
え、はい!
…とにかくいい子だよ!
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
料理が上手ってまふ、
あなたの料理食べたの⁉︎
まふまふ
まふまふ
うん。お弁当ちょっともらってる。
そらる
そらる
俺もー。
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
ずるい!俺も食べたい!
そらる
そらる
坂田も今度一緒に昼食べれば?
志麻
志麻
え、俺も食べたい。
うらたぬき
うらたぬき
俺もー!
センラ
センラ
今度皆で食べたいなぁ。
うらたぬき
うらたぬき
それはあなたに聞いてみないとな。
皆からの評価が高い。

女子が苦手な皆が言っているのだ。

本当にいい子なんだろう。
天月-あまつき-
天月-あまつき-
へぇー。いい子なんだね!
そらる
そらる
そうだな。
会えば分かるよ。
天月-あまつき-
天月-あまつき-
楽しみにしときます!
本当は、会うのは少し怖い。

もし"あなた"だったら俺は……。


俺を覚えていないキミに…

耐えられるだろうか。


時間はあっという間に過ぎて放課後。

部室へ向かう。


いや、世界は広い。

同姓同名の別人だ、きっと。


自分に暗示をかけてドアを開く。


まふ君達と新入部員の子、

2-Aの皆はまだ来ていないみたいだった。


荷物を置いて少し準備をする。

ドアが開く音がした。

俺は勢いよく振り返る。


さっきまでの俺の暗示は

あっさり崩れた。


……どうして。

新入部員は"あなた"だった。