無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

11ページ目。
うらたぬき先輩が前に立つと、

皆が話を止める。

号令をして、活動開始。

皆は準備に行き、

うらたぬき先輩と志麻先輩が

私の近くに来る。
うらたぬき
うらたぬき
あなた、この部の
あれこれを説明するな!
(なまえ)
あなた
はい!お願いします!
うらたぬき
うらたぬき
おう!まず、この部は今
1バンド1ユニット1ソロって構成。
俺、まーしぃ、坂田、センラで
浦島坂田船。
そらるさんとまふで
After the Rain。
今いねぇ天月はソロで活動してる。
志麻
志麻
あなたには浦島坂田船か
After the Rainに入るか、
天月と組むか、
ソロで活動してもらう事になるな。
うらたぬき
うらたぬき
その辺は楽器を決めたり
演奏してみてから。
ゆっくり考えてくれ。
(なまえ)
あなた
はい。
志麻
志麻
俺、練習行ってくるわ。
うらたぬき
うらたぬき
おー。
志麻先輩は練習に行ったみたい。


いよいよ本格的な活動への話。

一応ピアノが弾けるから

キーボードならできそうだけど、

折角なら新しい楽器にチャレンジしてみても

いいかもしれないな。


なんて考えていると

うらたぬき先輩にまた話しかけられる。
うらたぬき
うらたぬき
あなたー。入部届は出したか?
(なまえ)
あなた
いえ。今日初めて
担任と部活の話をして、
すぐ仮入部させていただくことに
なったのでまだです。
うらたぬき
うらたぬき
そうか。すげぇ急だったんだな。
(なまえ)
あなた
はい。でも、他の部活に
入る気はないので早く出しますね!
素直な気持ちを先輩に伝える。

軽音部は皆良い人そうだし。

部活なんて私にはできないって思ってたけど

皆に優しく歓迎もらえて嬉しかった。


それに、私は音楽が好きだから

部活でできるなんて嬉しい限りだ。


少し気分が高揚しているせいか、

元気いっぱいに先輩に笑いかける。

するとうらたぬき先輩はなぜか少し

顔を赤らめてから嬉しそうに返してくれる。
うらたぬき
うらたぬき
本当か⁉︎
まふ達から話は聞いてたんだ。
それで良い子なんだろうなって。
入るとは知らなかったけどな。
あなたが入ったら、また楽しくなるな!
(なまえ)
あなた
はい!これから、
よろしくお願いします!
うらたぬき先輩!
うらたぬき
うらたぬき
長いからうらたでいいよ。
(なまえ)
あなた
はい、うらた先輩!
うらたぬき先輩から

うらた先輩に呼び方を変え、

少し距離が近づいた気がした。


本格的に部活に入れるんだ!