無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第85話

63ページ目。
私の気持ちもいざ知らず、

話は進んでいく。


私と同じ部屋なんて……

ただの罰ゲームではないだろうか。

男の子同士騒ぎたいだろうし。
志麻
志麻
さあて問題は
誰があなたと同じ部屋になるかや。
絶対何もせえへん奴にせんと。
センラ
センラ
まぁそうなったら俺やろな。
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
センラが1番ダメやろ。
ここはやっぱり俺!
天月-あまつき-
天月-あまつき-
坂田も危ない気しかしない。
となったら俺!
そらる
そらる
天月も怪しいだろ。
まぁ、俺しかないでしょ。
まふまふ
まふまふ
そらるさんも信用なりません。
どう考えても僕!
うらたぬき
うらたぬき
まふも結構怖いけどな……。
1番安心安全なのは俺!
志麻
志麻
収集つかんなぁ…。
んー、結局俺!
うらたぬき
うらたぬき
まーしぃが司会放棄したら
ダメでしょ……。
もう!ここはあなたに
決めてもらおう。
あなた、誰がいい?
皆がコントのように

右隣にツッコんでいく中、

うらた先輩は私に回答をゆだねた。


私には決められないんだけど……。
(なまえ)
あなた
え、え〜っと……。
皆が「自分を選んで」と

言わんばかりに私を見つめる。


ひとまず私と一緒なのを

嫌がってないみたいでよかった…?
(なまえ)
あなた
わ、私は誰でも大丈夫です。
むしろ皆さんがそれでいいなら……。
うらたぬき
うらたぬき
あー、こうなったら
くじ引きだあ!
うらた先輩はおもむろに

くじを取り出した。
天月-あまつき-
天月-あまつき-
うちの部、何でも
くじ引きで決めるよねーw
まふまふ
まふまふ
まぁ、いいんじゃないw
うらたぬき
うらたぬき
はい、あなた引いて!
うらた先輩の手にある

筒からくじを1本掴んで引く。
(なまえ)
あなた
えっとこれは……白、ですね!
まふまふ
まふまふ
えええ⁉︎僕⁉︎
やったああ!
私が白く塗られたくじを

見せるならまふ君が大喜び。

喜びを素直に表現してて凄く可愛い。
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
まふずるううう!
天月-あまつき-
天月-あまつき-
あーあ。
センラ
センラ
しょうがないな。
まふ君が喜んだのと同時に

皆が分かりやすく落ち込む。
(なまえ)
あなた
…?えっと……まふ君、よろしくね。
まふまふ
まふまふ
うん!
こうして夏休みの部活の初日は

不思議な空気で幕を閉じた。