無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第76話

54ページ目。
翌日の朝。

何気なく1人で登校、教室に向かう。

少し早く着いたので読書をしていたら

どうも教室の入り口付近が騒がしくかった。
まふまふ
まふまふ
あなたちゃん、おはよう!
センラ
センラ
おはよう。
(なまえ)
あなた
2人ともおはよう。
相変わらず凄い人気だね…。
軽音部員の皆は容姿端麗だから

学校中から注目されている。

登下校、移動教室などでは

廊下にいる生徒達がざわめく。

最初こそ驚いたが、

いつも一緒にいるから慣れてきた。


でもいつもは教室まで着いて来ないはず。

ライブの次の日だからかな…?
(なまえ)
あなた
今日は教室まで
着いて来てるんだね……。
私が苦笑いで言うと

まふ君が教室の入り口の方を向いて
まふまふ
まふまふ
あー。それはね………
生徒「「「あ!桜坂さんだ!」」」

まふ君の言葉を遮るように

何人かの生徒が私を指差して

名前を呼んでいた。
(なまえ)
あなた
え⁉︎
中にはリボンやネクタイの色が違う、

つまり他学年の生徒もいた。


私、何かしたかな…?
(なまえ)
あなた
ど、どういうこと……?
センラ
センラ
教室に押し寄せている生徒達は
皆、あなた目的みたいやで。
(なまえ)
あなた
私、身に覚えないんだけど…。
まふまふ
まふまふ
とりあえず行ってみれば
いいんじゃない?
(なまえ)
あなた
うん……。
私はまふ君の提案に渋々乗って

教室の入り口に向かった。


生徒「「「桜坂さん!」」」
(なまえ)
あなた
あの……どうされたんですか?
生徒「ライブ、かっこよかったよ!」

生徒「先輩のファンになっちゃいました!」

生徒「ドラム凄かったー!」
(なまえ)
あなた
あ、ありがとうございます…!
すごく笑顔でこんな大人数に

褒められたのは初めてだ。

コミュ症が出ないように

私も精一杯の笑顔で答える。

生徒「あのドラムって……」

生徒「歌声綺麗で………」
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
おはようございまーす!
ってあれ?あなた、こんなに
人に囲まれてどうしたん?
生徒達が1人1人別のことを話すから

対応に困っていると

予鈴2分前に坂田君が到着。
(なまえ)
あなた
おはよう、坂田君。
何かライブのことで
私に話しに来て
下さったみたいで……。
生徒「きゃー!坂田君!」

生徒「近い、近い!」

坂田君の登場で女子生徒の

テンションは高まる。


でももうクラスにいないと

まずい時間だ。

私は何か声を掛けようにも

こんなに好意を向けられたのは

久しぶりだし、コミュ症が出て

この大人数に言う勇気が出なかった。
あほの/となりの坂田。
あほの/となりの坂田。
皆さーん、そろそろクラスに
帰った方がええと思いますよー。
生徒「本当だ、やばい!」

生徒「帰らないとー!」

生徒「坂田君、桜坂さんじゃあね!」
(なまえ)
あなた
はい、さようなら……。
元気よく手を振る坂田君とは

対照的に、私は力なく振る。


結局私の中には困惑だけが残り、

坂田君と教室に入った。