無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

五話
まなside 
私はもともとHeySayJUMP が好きでLiveに行っていたけど自分が可愛いなんて思いもせずにLiveに行っていた
まさか自分がHeySayJUMP のみんなに可愛いって言われるなんてもう幸せであります
平野まな
平野まな
💭可愛い!私が!
平野まな
平野まな
///カアー
まなちゃんは可愛いと言われると倒れてしまうのです!
平野まな
平野まな
💭あ、頭が痛く、、、
ふらっ
大ちゃん
大ちゃん
⁉︎
大ちゃん
大ちゃん
大丈夫⁉︎
ちいちゃん
ちいちゃん
大ちゃんちょっと貸して
ちいちゃん
ちいちゃん
よかった〜
大ちゃん
大ちゃん
なにが?
ちいちゃん
ちいちゃん
ん?んあ〜軽い貧血だったから
大ちゃん
大ちゃん
なんだ〜
ちいちゃん
ちいちゃん
とにかくソファーに寝かせてあげよう
大ちゃん
大ちゃん
うん
いのちゃん
いのちゃん
それにしてもこの子寝顔可愛い💕
ゆうちゃん
ゆうちゃん
それな
けいちゃん
けいちゃん
ねねこの子って確か俺らがLive途中で可愛いって言っていた子じゃない?
けいちゃん
けいちゃん
だよね?山ちゃん
山ちゃん
山ちゃん
そうそう!
山ちゃん
山ちゃん
だからこの子をここに連れてきた訳!
ゆうていー
ゆうていー
でもなんで?
次え