無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

十四話
ちいちゃん
ちいちゃん
じゃあ〜まなの凄さもわかったことだし!
けいちゃん
けいちゃん
 Liveでやるダンスを
山ちゃん
山ちゃん
踊ろっか!
平野まな
平野まな
うん!
踊る初めて2時間
ちいちゃん
ちいちゃん
今日はここまでにしよっか!
山ちゃん
山ちゃん
そうだね!
平野まな
平野まな
あ、あの!
山ちゃん
山ちゃん
ん?
平野まな
平野まな
私残ります!
けいちゃん
けいちゃん
え?
平野まな
平野まな
私まだ踊ってます!
平野まな
平野まな
みんなにもっと近づいてもっともっと上手になりたいので後少し踊ってから帰ります!
山ちゃん
山ちゃん
わかった気をつけてね!
平野まな
平野まな
はい!
バタンッ(ドアが閉まる音)
平野まな
平野まな
はあ
平野まな
平野まな
やばいな
バタンッ
平野まな
平野まな
ハア  ハア  ハア  ハア  ハア  ハア  ハア  ハア  ハア  ハア  ハア  ハア  ハア  ハア  
一方山ちゃんのほうでは
山ちゃん
山ちゃん
俺戻る
山ちゃん
山ちゃん
まなが心配だ
ちいちゃん
ちいちゃん
わかった何かあったら教えて
ちいちゃん
ちいちゃん
涼介
けいちゃん
けいちゃん
お願いね涼介
山ちゃん
山ちゃん
わかった
次え