無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

第9話
織田信長
織田信長
俺は織田信長だ。
これから天下をとる男だ。
織田信長
織田信長
で、500年後に帰る方法は分かるのか?
あ…
私
わかりません……
ここにどうやって来たのかもわからないのに帰る方法なんてわからないぃぃ…(><)
森蘭丸
森蘭丸
きっとここで過ごしてるうちにわかりますよ。
あなた様?笑顔笑顔^^
そう言い蘭丸様はニコッと笑ってくれた。なんか癒されるな〜
私
ありがとうございます。
蘭丸様
森蘭丸
森蘭丸
それとあなた様、僕のことは蘭丸とお呼びください。
本人はこう言ってくれてるけどさすがに呼び捨てはダメだよね。
私
えっと…じゃあ蘭丸くんって呼ぶね?
森蘭丸
森蘭丸
はい(´˘`*)
織田信長
織田信長
みな、自己紹介は終わったようだな。
織田信長
織田信長
これにて今日は解散だ。
信長様はそう言い放ち堂々と真ん中を通って退出していった。