無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

第11話
徳川家康
徳川家康
ねぇ、
さっきまで黙っていた家康様が
口をひらきそう言った。
徳川家康
徳川家康
僕の御殿、さっきいったから場所わかるでじょ?
私
はい、多分わかります。
徳川家康
徳川家康
じゃあ先に行ってて。僕はまだ任務あるから。
私
わかりました。
とは言って安土城でたけど実は私方向音痴だったんだー!!。・゚・(*ノД`*)・゚・。
道分からないよ…
私
どうしよっ…だんだん知らない道にきてるし、
角を曲がるとそこは安土城の門の前だった。
私
…これ完全に戻ってきたよねΣ(・∀・Ⅲ)
と、そこに…。
?
あれ?あなたじゃんか。
私
え?あ、政宗様!!!
てか、この人いきなり呼びすて…苦笑
伊達政宗
伊達政宗
どうたんだ?、こんな所で。
いや〜もう一生家康様の御殿に戻れないかと思った!これも何かの運、政宗様は家康様御殿知ってるよね。
私
実は…
私
家康様の御殿に戻ろうとして歩いてたんですけど何故か安土城の門の前に戻ってきてたんです。
伊達政宗
伊達政宗
そうか。
伊達政宗
伊達政宗
俺が案内してやるよ。
伊達政宗
伊達政宗
家康の御殿でいんだろ?
私
え、はい!
でも、政宗様は任務ないんですか??
伊達政宗
伊達政宗
今は休憩中だ。
私
そうなんですか!ありがとうございます(*´˘`*)ニコッ