無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

458
2020/03/23

第3話

2
🐭〈おい,あなた大丈夫か?〉
🥀「うん,大丈夫だよ、?」
🐭〈隈できてんぞ?〉
🥀「あ-昨日寝れなかったからかな、?」
🐭〈無理して学校行かなくてもいいんだぞ?〉
🥀「ううん,へーきだよ.」


朝から心配ばかりしてくるのは,兄のゆんぎ.
ちょっとシスコンっぽい所もあるけどそれ程気にはしてない.
🥀「じゃ,いってくるね.」
🐭〈無理はすんなよ、?〉

🥀「はーい」
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
🐶❨あなたー!!!  おはよ!❩
そう言って走ってきたのは私の高校一年生からの友達のハユン.
🥀「おはよう,ハユン. 
朝から元気だね~.」
🐶❨そういうあなたは元気ないね、? ❩
🥀「ん-?
昨日あんまり寝れなくてさ…」
🐶❨そっか、、
大丈夫なの、?❩
🥀「うん、大丈夫だよ!」
🐶❨そっか、ならいいけどさ、?❩
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
🐥«はい,じゃあ今から授業始めるよ~~~。 »
あれ、? 
なんか体がフラフラする、、?
そう思った時には遅かった
バタンッ
🐶❨あなた? だいじょうぶ、?❩
🐥«あなたちゃん、?
分かる~?? »
🐥«意識がないね、、
僕が保健室運んでくるからみんなは自習しててね~ »
みんな)はーい
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
🥀「んんッ、、」
🐰〈目覚めたの?〉
🥀「はい.
あれ、?私どうして?」
🐰〈理科の授業中に倒れちゃったみたいでジミン先生が運んでくれたんだよ.〉
その瞬間頬がボッと赤く染まるのがわかった.
🥀「え、?倒れた?  わたしが、?」
🐰〈うん,貧血だってさ.
ハユンさんから聞いたよ、?
昨日寝てなかったんでしょ?〉
🥀「あ、はい、、」
🐰〈女の子なんだからちゃんと寝て身体休めるんだよ、?〉
🥀「はい、すみません💦」
ガラガラ
🐥«あなたちゃん?
体調はどう、? »
🥀「あ,ジミン先生!!!
すみません,わざわざここまで運んでもらって、、」
🐥«大丈夫だよ、?
ちょっとびっくりしたけどね笑 »
🐥«それに,僕が聞きたいのはごめんなさいじゃなくてありがとうなんだけど?»
🥀「えッ?あッ,ありがとうございます!!!」
🐥«どういたしまして☺︎»
🐰心の中:あなたさんはきっとジミンが好きなんだろうな、?
俺の入る隙はない,か、、、