無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
95
2018/07/16

第1話

1
私は鬼の子

私は産まれてはいけなかった子

私は独りぼっち

人間じゃない

だから、みんなから蔑んだ目で見られてきた

「怖い」

「近づくな」

「呪われる」

「殺してやる」

私は、みんなに近づくことすら許されなかった

私は、人間が最も恐れてきた力を持っているらしい

これは、絶対に阻止しなければいけないことだという

だから、私は、牢獄に閉じ込められている

暗い地下の奥深くで……

話し相手もいない

食べ物も少ない

暗い

寂しい

誰かに愛されたい

手首には鎖、足には鉄球の重りが着いているから動けない


外に出て、青い空を仰ぎたい

川で友達と遊びたい

お母さんの作ったおいしいご飯が食べたい

しかし、私には夢を見ることしか許されなかったんだ