第24話

任務開始
124
2022/04/04 15:14
昼ー樹海ー
樹海の中に、滝が流れているひらけた場所がある。その滝の裏には空洞があり、誰にも見つかりにくい隠れ場所となっている。
陽(オハバリ)
陽(オハバリ)
ふぃー、とりあえずここが拠点かな
陽は荷物を下ろす。荷物の中は殆どが医療器具薬品だ。
雄貴(ウズメ)
雄貴(ウズメ)
偵察の際に見つけといてよかったな
リドラ(ミゾギ)
リドラ(ミゾギ)
ここをキャンプ地とする!
凌成(ヤソ)
凌成(ヤソ)
元ネタ知らねーだろ
リドラ(ミゾギ)
リドラ(ミゾギ)
えへへ
来夜(トコヨ)
来夜(トコヨ)
全員通信機を…
ピピピピ…
来夜(トコヨ)
来夜(トコヨ)
〈マスター、目的地に到着しました〉
那美
那美
〈はい、では次の行動に移りましょう〉
陽(オハバリ)
陽(オハバリ)
〈…マスター、体の方は大丈夫?〉
那美
那美
〈あら、こう見えても私はかなりタフなんですよ〉
野坂
野坂
〈流石に病院に無理言って参加しに来たとは思っても見なかったけどね〉
那美
那美
〈私がいないと出撃すらできませんからね〉
氷浦
氷浦
〈那美さん…無理はしないでくださいよ〉
那美
那美
〈ありがとうございます。コホン、話を戻しますが、報告の形は前と同じように、交代で野坂君達に手伝ってもらいます〉
ヒロト
ヒロト
〈とりあえず、リドラの支援は俺一人ですることになった〉
リドラ(ミゾギ)
リドラ(ミゾギ)
〈大丈夫?〉
ヒロト
ヒロト
〈明日は昼まで寝ればいい話だ〉
那美
那美
〈タツヤさんと風丸さんには、孤児院の監視をお願いしています。何か変化があったら報告する様にと言ってます〉
来夜(トコヨ)
来夜(トコヨ)
〈孤児院は2人に任せて大丈夫そうですね〉
一星
一星
〈えっと、今回も地図落としときました〉
陽(オハバリ)
陽(オハバリ)
〈うーんと、俺たちの所在地は?〉
一星
一星
〈今回対して施設移動しないし何よりめんどくさい☆〉
雄貴(ウズメ)
雄貴(ウズメ)
〈おい一星に本心言わせてキャラ崩壊させるな作者〉
那美
那美
〈本題に戻りましょうね〉
那美
那美
〈とりあえず教会の地下を目指しましょう。今は昼ですが、子供達の誘導は風丸さん達がしてくれてるはずです〉
水神矢
水神矢
(ですが地下にいくためには何か装置を動かす必要があるはず…〉
那美
那美
〈その件は心配なく、孤児院にいるお2人に詳しく聞いておきましたから〉
凌成(ヤソ)
凌成(ヤソ)
〈なら心配ないな〉
ブツン…
来夜(トコヨ)
来夜(トコヨ)
さて、出発するよ
リドラ(ミゾギ)
リドラ(ミゾギ)
はーい
5人は空洞から出ていった。
孤児院ー
風丸とタツヤは子供達が遊んでいる様子を遠くから眺めている。
その子供達の輪の中には、勿論彼もいる。
子供
しずくさまー、おままごとしてください!
子供
やー、しずくさまにはピアノおしえてもらうのー!
雫
うーん…これはどうしましょうか…
子供達に両手を引っ張られて困り顔をさらしている雫を2人は微笑ましく見守る。
そこにさらに2人の大人が入ってくる。
恵
あんた達、雫は疲れてるの。ピアノなら私が教えてあげるから
子供
えー、めぐみやだー!
恵
へぇ💢
龍
恵落ち着いて…
子供に囲まれている3人…恵と龍にいたっては昨日地下を進みながら見た2人とはかなり違った姿だ。
風丸
風丸
…あいつらもあんな顔するんだな…
タツヤ
タツヤ
そうですね
タツヤはクスリと笑う。
ピピピピ…
風がのポケットの中に入れていた通信機が鳴った。
2人は場所を変えた。
風丸
風丸
〈なんだ?〉
佐久間
佐久間
〈おっ、繋がったか〉
タツヤ
タツヤ
〈佐久間さん?なんで…〉
佐久間
佐久間
〈お前達の状況の管理を任された〉
風丸
風丸
〈そうなのか〉
佐久間
佐久間
〈今のはどんな感じだ?〉
タツヤ
タツヤ
〈とくにいつもと変わりはないですね〉
佐久間
佐久間
〈そうか、このまま監視継続で。そういえば恵と龍…だったか。2人は…〉
タツヤ
タツヤ
〈恵さん達なら多分協力はしてくれると思います。ただ、立場の都合でそんなに目立ったことはできなさそうです〉
佐久間
佐久間
〈そうか、とりあえず2人に敵意はないと再確認できた〉
風丸
風丸
〈そろそろ切るぞ〉
佐久間
佐久間
〈ああ〉
ブツン…

プリ小説オーディオドラマ