プリ小説

第2話

2#
性格までかっこいい…から…
私とはまるで釣り合ってない…

そらんがかっこいいせいで
視線がすごいw
そらん
どうしたの?
あなた

な、なんでもない!

どうしても気になっちゃう///
そらん
だから何〜!ww
あなた

ご、ごめんなさい!w

そらん
最初何に乗りたい?
あなた

うーん、最後は観覧車でしめたいから

そらん
絶叫系大丈夫な方??
あなた

む、む、む、む、む、無理!

そらん
そっかぁ、じゃあ乗ろ!
あなた

えっ、えぇー!!?

無理なのに!
なんでー!
そらん
怖がるところ俺が守りたいから
あなた

えっ///

そらん
まぁ怖がるところみたいってのもあるんだけど
あなた

ひ、ひどい!💦

そらん
ごめんごめん!
結局乗ることに…



ヤバい…


やばいよ…


今上ってきたけど
高い💦

あっ、もうすぐ降りる…






死ぬぅー
そらんがニヤニヤしてこっち見てる!💢

絶対びびんないんだから!
そらん
無理すんなよ
そう言って恋人握りをしてきた
あなた

えっ…

あなた

ぎゃあぁぁぁぁぁー!!

いい雰囲気がぶち壊れだ…
あなた

はぁ、はぁ、おわっだぁぁ

そらん
あなたの声デカすぎww耳元で叫ばれてこっちは鼓膜が…
あなた

んーもぅ!

そらん
ほら、まだまだ時間あるよ!お昼いこ!
あなた

う、うん…

さっきまでつんつんしてた私が
もうこんなにドキドキしてる💦

すごいな…

そらんは
あなた

私オムライス!

そらん
俺も^^*
あなた

ドキッ

その笑顔が
眩しくて
私の心を何回もドキッっとさせる
そらん
美味しいな^^*
あなた

う…ん

そらん
どした?
あなた

私…友達いないから…
幸せすぎて😢本当にありがとう

そらん
そらん
その笑顔を見れる俺の方が幸せだな…
あなた

…っ!フフッ

はるか
二人とも!こんにちは!
あなた

はるかさん!

そらん
はるか様こんにちは
えっ?様って?

はるか
だから人前で様はダメでしょ?
そらん
すみません
な…に

そらん…ロボット…みた…い
はるか
あ、ごめんなさい、あなたちゃん借りるね
そらん
はい
………………………
あなた

えっ…と、様って

はるか
はぁ、隠すことはいけないことだからきちんと言うわね
あなた

はるか
さっき思ったかもしれないけど彼氏は、中身が…いや、性格?がロボットなのよ
あなた

えっ…

はるか
だから1週間経てば記憶もなくなってしまう
はるか
もちろんあなたの中のそらんの記憶もね
あなた

えっ、私がそらんを、そらんが私を忘れてしまうんですか?

はるか
その通り
そ…んな
はるか
私が管理をしているからロボットたちのことはなんでも出来るからいつでも相談してね?
あなた

あなた

はい

はるか
ふふっ、みんなにこの話をするとみんな同じ反応をしたわ
はるか
ロボットはねロボット世界で生活するからこの世からはいなくなるから…1週間経てばもう会えることは無いと思う
あなた

え…

あなた

嫌です

はるか
ごめんなさいね…それじゃあ
そらんが…ロボット…
そらんが…ロボット…
そらんが…ロボット…
そらんが…ロボット…
そらん
あなた??
あなた

えっ?あ、ごめんね!

そらん
本当に?あなたが辛そうにしてると俺も辛いんだけど…
あなた

…っ!

また。


そんなドキッとすること言ってさ…
でも、それもロボットだから?

私がドキッとすることを
把握して言ってるの?



ダメだ…はるかさんからあのことを聞いたら
私へのそらんの思いが嘘かと思ってしまう
そらん
あなた?
あなた

ねぇ…そらん?

あなた

そらんの私への愛は嘘??

あっ…
何聞いてるの私…

どうしよう…そらんが困ってる…

今頃言ったことに後悔して
口をおさえたって遅いのに


ごめんなさい
ごめんなさい

あなた

ごめんなさいっ!

そらん
あなたっ!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

💌ゆきの💖
入賞者バッジ
💌ゆきの💖
みなさん…本当に❤を送ってくださりありがとうございます😭皆様が見てて飽きないような小説を書けるといいと思っています❗ よろしくお願いします😭✨