プリ小説

第6話

6#
そして最後の日…
そらん
お待たせ…
あなた

ううん…全然待ってないよ

そらん
どこに行くの?
あなた

遊園地だよ…私たちが一番最初に行った

そらん
そっか
そらんはどこかが
かけてしまったように

いつもより静かだった
今は4時だった
そらん
こんな遅くからいってすぐ終わらない?
あなた

今日は花火があるの…だからそう早くは終わらないよ

そらん
そっか
私たちは色々な

アトラクションにのり
花火の時間がやってきた
あなた

こっちきて

そらん
えっ、花火は??
あなた

観覧車から見るの

………………………………
そらん
綺麗〜
子供みたいに窓から花火を覗いてる
あなた

ねぇ、

あなた

私に気を使わなくていいんだよ

そらん
えっ?
あなた

ゆまちゃんのこと好きなんでしょ?

そらん
それは…
あなた

嘘つくなら現実世界に戻さないよ?

そらん
………
そらん
好きだよ!😭
そんなに…好きなんだ
あなた

もう…嘘つかなくていいから😭

はるか
どうも^^*
決心がついたようね
あなた

はるかさん!

あなた

私は最初からそらんを現実世界に戻すつもりでしたよ?^^*

そらん
あなた…
はるか
じゃあ戻しますね
あなた

待って!

そらん
あなた

これ…いらないかもだけど持ってて?

そらん
み…さんが?
あなた

じゃあね!

はるか
現実世界に戻します
そらん
えっ!あなたっ!
あなた

また会えたらねっ!

……………………………………

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

💌ゆきの💖
入賞者バッジ
💌ゆきの💖
みなさん…本当に❤を送ってくださりありがとうございます😭皆様が見てて飽きないような小説を書けるといいと思っています❗ よろしくお願いします😭✨