プリ小説

第4話

4#
そしてあれから5日が経った


残り2日しかない…
そらんとの毎日は
本当に楽しくて…
そんなある日
??
か、かいと!?
え?なに?

誰か知らないけど


でも目線はそらんだった
そらん
え…?
ゆま
かいと…?かいとでしょ!?!?!?
私!ゆまだよ!?
そらん
俺はそらんなんだけど?
ゆま
嘘!違う!
あなた

ちょっと…なんですか?

ゆま
私の前からいきなり消えて…!何してたのよ!私とかいとは付き合ってたでしょ!?
え?
もしそらんがかいとだったら…

あ、もしかして前の彼氏になった時の名前だったり?
そらん
俺…ロボットなんで
ゆま
違う!人間だよ!小学生の頃から幼なじみだよ!私たちは!
え、、


どういう…こと?
そらん
もう…意味わかんな…
ゆま
さ、最低…
ま、待って

頭が追いつかないてん



あ、ヤバい
倒れそう
そらん
あなたっ!!
…………………………………………
起きたら白い天正があって…
はるか
大丈夫ですか?
あなた

はるか…さん

何故か遥さんがいて
はるか
私は彼氏を売る者…
だから日頃あなた達を観察しているわ…
だからさっきあったことも…
だから話そうと思って
あなた

はい…

はるか
彼氏人形というものはこの世に居たくないという人達が来るところなの…いても意味が無いと思う人達は私の手で役に立ってもらおうと考えた…自殺するなんて嫌だし
はるか
まぁ心の底から考えた人は自動的にこっちの世界へ来る仕組みなの
はるか
そらんはもとは…かいと…という名前なの
あなた

そ…んな

はるか
そしてあの子は元カノ…あの子が原因なのよね…彼はあのこの対応が苦手だった
はるか
あのこは本当にいい子だった…だから当然もてた…でもモテすぎるあまり付き合い始めたら彼女にいじめが始まってしまったの、だから自分のせいだとおもってかいとは自分から…
あなた

いじめなんてひどいっ!

はるか
まぁそういうことなの…あと2日だけど仲良くしてやって
あなた

あ…の…

はるか
あなた

そらんを…かいとを…この世界に戻すことは出来ないんですか

はるか
出来るわよ…でもね
はるか
あなたとの記憶は無くなるし、あなたの中の記憶はなくならないけど
はるか
きっとゆまちゃんてことまだ付き合ってるよ?それでもいいの?
あなた

…っ!

そ…んなのやだ

わたしだけのそらんでいてよ
はるか
まぁ2日後までに考えておきなさい
あなた

コクリ

そらん
あなた…
突然この部屋に
入ってきたそらん
あなた

どうしたの?

はるかさんはもういなかった
そらん
俺な…本当は記憶あるんだ…
あなた

えっ?

そらん
ロボットって言っても昔の記憶が消えるわけじゃないんだ
あなた

じゃあ…まだゆまちゃんのこと好き…なの?

そらん
うん…
あなた

そ…んな

そらん
出来れば元の世界に戻りたい…いじめは俺が守ろうと思う
そらん
でも戻るにはお前が戻らせてくれる力が必要なんだ…だから戻らせていいって言ってくれないか?
ずるい…

ひどい…
こんなに私は…好きなのに…

初めて恋をした相手なのに…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

💌ゆきの💖
入賞者バッジ
💌ゆきの💖
みなさん…本当に❤を送ってくださりありがとうございます😭皆様が見てて飽きないような小説を書けるといいと思っています❗ よろしくお願いします😭✨