第9話

サッカー
749
2018/09/06 11:42
涼介
涼介
何して遊ぶ?
あなた

えー?涼ちゃんの部屋、楽しい遊び少なーい!



楽しい遊びってなんだよ笑


まぁ…きっとあなたの言ってる事は、おままごととかだろ?


そんなん、結構大人にも近くなってる男子が持ってるかよ〜



サッカーボールしかないわな


涼介
涼介
サッカーボールならあるけど?
あなた

サッカー?いいよ!したい!部屋の中でやろうよ!

涼介
涼介
え、部屋?嘘でしょ笑
あなた

ほんとだよぉー!!できるもん!
狭くたって、涼ちゃん上手だから大丈夫!



涼ちゃん上手だって〜


笑みが、とまらない…



俺キモすぎんだろ笑



涼介
涼介
あ、あぁ…じゃあ、やるか


サッカーボールを持ち、なんとなく蹴ってみる



あなた

え、待ってー!とれない!とれないよ〜



ふは、可愛い…//



だって見てみ?



手広げてな、

俺があなたにとられないように蹴ってるボールを必死にとろうとして…



正直言うと、


俺があなたの教室に必ず行くのは、他の男にとられないようにするため。


俺がよく行くから、あなたも俺のクラスに来るようになって…



なんで俺が行くか、なんもわかってないの笑


面白いよな〜



ほんとに、俺のとこ以外、行ってほしくない…



涼介
涼介
ん。終わりでーす
あなた

えへ、涼ちゃん高いよー!



あの、そろそろ俺キュン死しそうなんで、


蹴るのやめて、あなたを抱っこしてます




高いよー!だって笑





お母さん(涼ママ)
2人ともー!おりてきて!
涼介
涼介
あ、行くよ?あなた
あなた

うんっ!行こう!




あなた、誕生日パーティー喜ぶかな…?



プリ小説オーディオドラマ