第3話

3
864
2021/02/08 16:16
放課後







女子
ねえ。ちょっといい?
You
You
え、あ、はい。な、なんですか?
え、なに。

なんで女子3人が私のところに来るわけ。




しかも、リーダー格みたいな子すっごい可愛いんだけど。






ほんとに何。。。
ヨウン
ヨウン
ねぇ、あなたさ、何様なわけ?
You
You
え、?
ヨウン
ヨウン
なんでズカズカとヒョンジンくん、ヨンボクくんと喋ったり家督交換してるのって聞いてるんだけど
You
You
あ、え、えぇっと、、私からじゃなくて、、、
ヨウン
ヨウン
はぁ?あんたなんかがあの二人に相手にされるわけないのよ。
遊びよ?遊び。調子に乗るのもいい加減にしなさいよ。
You
You
ちょ、調子に乗ってなんか、、
ヨウン
ヨウン
なに。ムカつくんだけど。とにかく、金輪際あの二人に近づかないで。話すのもダメ。遊びに行くなんてもっとダメ。分かった?
You
You
で、でも!あの二人は私のと、友達ですし、、
ヨウン
ヨウン
わかったのか聞いてるんだけど?
You
You
は、はい。わ、わかりました…
ヨウン
ヨウン
ならいいわ。もし破ったりなんかしたら、どうなるのか分かるよね?
そう言って女子軍はどっかいった。






え、どーしよ、、、今日ふたりと遊ぶ約束しちゃったよ…








断らなきゃ。












【家督】
You
You
今日、行けなくなっちゃいました。
ごめんなさい。
ヨンボク
ヨンボク
え!そっかぁ
わかった、
また今度遊ぼうね!
ヒョンジン
ヒョンジン
わかった。
You
You
ほんとにごめんなさい。
はぁ、、、









ほんとに罪悪感しかないよ、、、、








こんな私と仲良くしようとしてくれてたのに…






ごめんなさい。










【家】








んー、暇だなぁ、、





ソミ(愛犬)と遊びに行こ。





You
You
ソミ~
お散歩行こ~
ソミを連れてお散歩へ
You
You
あ、そーいえば近くにドッグランできたって聞いたな…
よし。行ってみよ!




ソミもよろこぶよね!
















ードッグランー


You
You
ソミ~遊んでおいで!
そう言うとソミはすぐ黒と白のチワワのところに行って遊んでる













可愛いなぁ…
カミ~ 俺とも遊んでよ~
逃げられてるじゃん‪w‪w‪w‪w‪w
…ん?





なんか聞いたことある声だぞ。。





そう思って声の方を見てみると…
ヒョンジン
ヒョンジン
ねぇ~カミ~
ヨンボク
ヨンボク
カミはヒョンジンと遊びたくないんじゃない?‪w‪w
You
You
あ、ソミ…
なんで、2人がここに…?




ソミがてくてく私の方に歩いてきた
You
You
遊んでこなくていいの?
ヨンボク
ヨンボク
え!あなたじゃん!
ヒョンジン
ヒョンジン
あ、ほんとだ
You
You
あ、見つかった…
ヨンボク
ヨンボク
遊べないんじゃなかったの?
うぅ、、、、




どう言い訳したらいいのやら、、
You
You
あ、あぁ、、えっと、、用事まで時間があったから愛犬と散歩がてらに来たの
ヒョンジン
ヒョンジン
そーだったんだ
ヨンボク
ヨンボク
あなたのわんちゃんどれ?
You
You
ソミ~おいで~
ソミを呼ぶと直ぐに走ってきた
ヨンボク
ヨンボク
あ!さっきカミと遊んでた子だ!
You
You
ん?カミ、?
ヒョンジン
ヒョンジン
ほんとだ。カミは俺の愛犬
You
You
そーなんだね!可愛いなぁ
あ、もう帰らなきゃ
ヨンボク
ヨンボク
えぇ、まだお話したばっかりなのに…
You
You
ごめんなさい、!
また学校で!
ヒョンジン
ヒョンジン
バイバイ
































私はこの時全然彼女の存在に気づいていなかった。

プリ小説オーディオドラマ