第7話

7
729
2021/04/01 14:29


その後は何も無くただただ時間だけが過ぎていった。



ただ、いつもと違うのはヒョンジンくんと朝のあの事件以来話してないということだけ。




キーンコーンカーンコーン


先生
今日はここまで。
みんな気をつけて帰れよ


終わったー、、


帰ろ




、、、、ん?





なんか忘れてるような…
ジョンイン
ジョンイン
おーーーーい!
あなた~
あ、そうだった。

リノとジョンイン家に連れて帰らなきゃ行けないんだった。
You
You
あれ?リノは?
ジョンイン
ジョンイン
兄ちゃんまだみたい。
ここで待っててってさっき連絡きた!
You
You
そーなんだ。
なら、ここで待っとうか!
ジョンイン
ジョンイン
うん!
ねぇ、?あなた、、、
You
You
んー?
ジョンイン
ジョンイン
なんかあった、?
You
You
え、?
私はジョンインにそう聞かれて戸惑ってしまった。
ジョンイン
ジョンイン
やっぱり、、、
なんか朝と違うなって思ったんだ
You
You
何も無いよ!大丈夫だから!
ジョンインこそ今日一日大丈夫だった?
頑張って話題を変えたところに


ガラガラ
ヨンボク
ヨンボク
あ、あなた
ヨンボクくんはチラッとジョンインの方を見たあと
ヨンボク
ヨンボク
この人誰?
そう聞いてきた
You
You
あ、えっと、従兄弟のジョンイン
同じ歳だよ
ヨンボク
ヨンボク
そーなんだ!
よろしくね!ジョンインくん!
そう言って天使の笑顔でジョンインに挨拶した
ジョンイン
ジョンイン
、!はい!よろしくお願いします!
ガラガラ
リノ
リノ
ごめん!遅くなった!
ヨンボク
ヨンボク
もう一人来た、、。
You
You
これはジョンインの兄のリノ
1つ上だよ
ヨンボク
ヨンボク
よろしくお願いします!
リノ
リノ
よろしく
うーわ、すっごい無愛想。笑
You
You
さあ、帰ろっか!
ジョンイン
ジョンイン
うん!
おばさんに会うの楽しみだなぁ
リノ
リノ
楽しみってなんだよ笑
You
You
ヨンボクくんじゃあね!
あ、今日はありがと!
ヨンボクくんのおかげで少し気が楽になった!
ほんとにありがとう
またあしたね!
ヨンボク
ヨンボク
全然全然!
またいつでも言ってね!
またあした!
そう言って3人で靴箱に向かった



靴箱にはなんと、、


ヒョンジンくんが、、、






うわー、こっちみてるよ、、、、






どーしよ、、、、、

とりあえず普通に、普通に、、
ヒョンジン
ヒョンジン
おい。あなた
うわぁ、捕まった、、。
You
You
は、はい、、。
ヒョンジン
ヒョンジン
朝はごめん。ついカッとなって。
ヒョンジンくん、、、
ヒョンジン
ヒョンジン
でも、なんで朝あんな言い方したんだよ。
You
You
そ、それは、、
ヨンボクくんに聞いて貰ってもいいですか、?
今日早く家に帰らないと行けなくて、、
と答えた瞬間
ジョンイン
ジョンイン
あなた~
いくよ~
あ。
ヒョンジン
ヒョンジン
早く帰らないといけねぇのに遊びに行くんだ。
You
You
ち、ちがいます。
あの人は従兄弟です。
今から家に一緒に帰るんです。
なので、さようなら。
そう言ってジョンインとリノの方に向かった
ジョンイン
ジョンイン
あの人大丈夫なの?
リノ
リノ
あの人、?
You
You
大丈夫だよ。
さぁさぁ帰ろ!
そう無理やり2人を帰路に連れていった。


リノとジョンインが話しかけてきている気はするけどなかなか頭に入って来ずそのまま家に着いてしまった。
You
You
ただいま~
お母さん、2人連れてきたよ
母
あら、おかえり
2人とも今日からよろしくね
ジョンイン
ジョンイン
おばさん!
今日からお世話になります!
母
お、おばさん、、?
You
You
お母さん?気にしないの。
リノ
リノ
お久しぶりです。
これから色々迷惑かけると思うんですけどよろしくお願いします。
母
よろしくね!
もうここが家になるんだからゆっくりくつろいでね
あなた、部屋案内してあげて
You
You
了解~
2人一緒の部屋使ってもらうんだけど、2人だったら全然大丈夫なぐらいの広さだと思う!
ここだよー
ガチャ
ジョンイン
ジョンイン
え!
広い…!
リノ
リノ
こんな広い部屋いいの?
俺たちに使っちゃって
You
You
全然使ってなかったしいいよ!
お母さんが決めたしね
私の部屋隣だから。
なんかあったらいつでも来て!
ジョンイン
ジョンイン
うん!
リノ
リノ
分かった。
ありがとう。
You
You
じゃ、私は部屋戻るね!
ごゆっくり~
そう言って2人の部屋から自室に戻った。







ピコン







携帯がなった。

プリ小説オーディオドラマ