無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第69話

つ い に ! ! !
はい!ついに今日の一大イベント!


グクのダンス!
テテ
ねぇぬな!ぱぱまだでてこないの??
あなた

うん!もうすぐ出てくるよ!

ジミナ
えへへ、たのしみだね!!
あなた

うん!絶対パパかっこいいから

期待して待ってようね!

「「はぁい!!」」
ユンギ
しかし、よくもこんないい席とれたな⋯

ジョングクのファンいっぱいいるのに
そうです、私たちは今いわゆる

一番見やすい!席にいるのです
あなた

ミンジがとってくれてたんだ〜!
”あんたのイケメンのオッパのために友達に頼んでとっておいた!”とか言って

ユンギ
あの子マジか⋯強いな⋯
あなた

ほんとだよねーユンギオッパのこと
かっこいいなんてほんとどうかしてるよ

ユンギ
いやそこじゃねぇよ



私とユンギオッパに挟まれて

今か今かとグクを待つテテとジミナ



テテは尻尾を振るみたいに足を揺らして
落ち着かない様子(笑)



ジミナは大人しいけど、
やっぱりそわそわしてる




っ⋯かわいい笑






そしてとうとう会場が暗転した






周囲がざわめきだす





すると突然ステージにライトがついた









グク!!!!出てきた!!!!




ダンス部員の中でセンターで踊り出すグク






キャーーー!!!!!!







一気に歓声が飛び交う(私も然り)



ユンギオッパは耳を塞いで顔をしかめている


ジミナ
ぬな、ぱぱかっこいいね!
テテ
かっこいい!!!
あなた

そうだね!かっこいい!



時折見せる色っぽい表情とか



複雑なステップとか、動きとか




全部たくさんたくさん努力して
できるようになったはずなのに




それすら感じさせないような、
グクの完璧なダンス





圧倒される






これなら1年でグクがセンターを
務めているのにも頷ける








か、かっこいい







1曲目が終わり、テテとジミナを見ると




口をぽかーんと開けて見入っていた




きっと私も同じような顔だったんだろうな笑





そして何曲か披露されたあと




とうとうラスト






ライトに照らされて出てきたのはグク1人





キャーーー!!!!!!!!





グクのソロだ