無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

楽 し い か ら
あなた

急にどうしたの?ユンギオッパ

ユンギ
いや、テヒョンとジミンの様子見に来たんだ、顔出すなんて言って結局ぜんぜん来れてなかったからな
テテとジミナの寝ている寝室を見て微笑んだユンギオッパ
あなた

⋯おばさんから、なんか連絡でもあった?

ユンギ
⋯いや、特にはない

でも男といざこざがあって、精神を少し病んでるんだとオンマが電話したらしい
本当に呆れるな、とユンギオッパは続けた
ジョングク
⋯ユンギヒョン
みんながしんと黙ってしまった中


グクが口を開く
ジョングク
俺たちが⋯育てたらダメなんですか
俺はまだ高校生だけど、
それでもしっかり育てていく、絶対
グク⋯
ユンギ
⋯難しい、な

親権ってのは
そう簡単に移るもんじゃないからな⋯
どうしても産みの親の権限が強くなる


このままなんとか2人を
お前らが育てたとしても、
向こうが返せと言えば
返さなきゃいけなくなる

いずれはな⋯
あなた

……っ

ユンギ
金の問題もある

あなたは今年受験もある
ジョングクだって来年にはそうだ


ジミンとテヒョンの問題以前にやらないといけないこともたくさんある


そんなときに2人をお前らに任せたのは本当に悪いと思ってる、すまんな
謝るユンギオッパ
あなた

ううん、ユンギオッパ違うよ


私は私たちに預けてくれてよかったと思ってるから、そんな事言わないで

今までなんとなく生きてた


みんな学校行ってるから、みんな勉強してるから、そんなかんじで生きてた




でもね、私はたしかに生き甲斐を貰った




ジョングク

テテ

ジミナ


3人がいると楽しいから



テテとジミナが幼稚園で待ってるから、って急いで迎えに行く道のりが楽しい



グクが美味しいもの作ってくれてる、って思ってテテとジミナの手を引いて帰る道のりが楽しい


「ただいま」って言って帰ってきたら
グクやテテやジミナが
「おかえり」って言ってくれる



そして私も誰かが帰ってきたら
「おかえり」って言えること


みんなで美味しく食べるご飯

私、料理上手になったよ

グクにはまだ負けてるかもだけど



お風呂から聞こえる、3人の騒がしい声

2人の長風呂でのぼせて出てくるグク


グクと2人でテテとジミナが寝付くまで、ぽんぽんしながら添い寝すること
幸せそうな2人の寝顔を見られること

たまに一緒に寝落ちして、
口あけたまま寝てるグクとか


忙しいし疲れるけど
素のみんなが1番見られる朝とか


全てがすごく、楽しいから


大好きだから