無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

お 出 か け
あなた

見て!ぐく!これすごく可愛いよ!
テテとジミナに着せようよ!

ジョングク
ちょ、これ見てよあなたぬな、これおそろいでテテとジミナに着せたくない?
幼児服は可愛いのがいっぱい


全部買ってあげたくなる
テテ
ててね!らいおんさんがいい!
ジミナ
じみなはひよこさんがいい、可愛いから
らいおんさんとひよこさんのパジャマを買って、お洋服もとりあえずいるだけ買った
ジョングク
ふー、腹減らない?ぬな
あなた

そういえば減ったね!よし、てて、じみな、ご飯いこっか

近くのレストランで一息つく



お子様ランチを頼んだテテとジミナは、
真ん中のオムライスの旗が気に入ったようで
はしゃいでいる
あなた

ほんとかわいいね

ジョングク
かわいいね
グクと微笑ましく見ていると、テテが振り返る
テテ
ままのほうがかわいいよ!
はぁっ⋯しぬっ⋯←
ジミナ
じみなねー、おおきくなったら、ままとけっこんする~
あなた

え、じみな結婚してくれるの?

ジョングク
それは、だーめ
ジミナ
なんでぇ!
じみなおおきくなったら
ぱぱみたいにかっこよくなって、
ままとけっこんするもん!
テテ
てても!
ててもぱぱみたいないけめんになって
ままとけっこんする!
ジョングク
お前らなんでも買ってやるぞ
結婚はダメだけど
ジミナ
むうう
テテ
いいじゃーん
ジョングク
なんでダメかはあとで教えてやる
気分を良くした様子のグク



⋯たしかにかっこいい、かもね
あなた

うーん、でもテテとジミナは
かっこよくならなくていーの

テテ
えー、
あなた

そのままが一番かわいくて大好きだよ

ジミナ
ほんと?!ならままとけっこんできるね!
テテ
てても!てても!!
そんなことを話して

たくさん笑った





それから家に帰って、


ひよことらいおんのパジャマを着たジミナとテテにメロメロになった親バカ2人は、




家族も悪くないな、なんて考えましたとさ