無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

【番外編】続 おんまの定義 -HS-
よくよく話を聞くと







女の子はあなたちゃんと言うそうで

訳あってオンマの代わりに

2人の面倒を見てるんだそう
ホソク先生
へぇ⋯若いのに大変だね
あなた

⋯でも、楽しいです
2人が来てから、寂しいこともないし
なんか家族が増えたみたいで

幸せそうに笑うかほちゃん

まだ高校生だけど、

”オンマ”の表情が見え隠れしている横顔
ホソク先生
お弁当とかも上手だけど、
あれあなたちゃんがつくってるの?
あなた

あぁ、あれはグクに⋯⋯いや

後輩に、教えて貰ってて

だからつくれるっていうか、

ホソク先生
もしかしてたまに来る男の子?
あなた

あぁはい、そうですよ

ホソク先生
へぇ、彼氏なの?
あなた

!??//
違います!ただの後輩です!

ホソク先生
へぇ〜?あやしいなー
あなた

ホソク先生!

ホソク先生
ふふ、冗談だよ
やっぱり、普通の女子高生だよね

笑ったときの無邪気さとか
テテ
まま?はやくかえらないと、
どらえもんはじまっちゃうよ??
あなた

あーうん、そだね
ドラえもん金曜日だから今日はないけど、ちょっと長居しちゃったね
じゃあすみません、ホソク先生、失礼します

テテ
せんせ!さようなら!
ジミナ
さようなら!
ホソク先生
うん、また明日ね!
丁寧にお辞儀をして帰っていく後ろ姿


だいぶ話し込んで日が傾いてしまった中に




手を繋いで歩いていく

2人の小さな子供と制服を着た”オンマ”




きっと、事情は複雑なんだと思う




だけど



微笑ましい光景に



自然と頬が綻んだ
ホソク先生
⋯女子高生おんまファイティン
小さな声で言って



1日の疲れをとるつもりでけのびをしながら







やっぱりこの仕事を選んでよかった









なんて考えた、しみじみチョン・ホソクです