無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

わ か ら な い
ジョングク
ただいま
ジミナ
おかえりぱぱ!
テテ
おかえり!
あなた

⋯おかえり、ぐく

グクが帰ってきた


今日はいつもより更に早いことに


さっきのダンス部員の会話を思い出して


申し訳ない気持ちになる
あなた

ぐく、

ジョングク
ん?なに、ぬなどした?
あなた

あの、さ、最近ぐく無理してない?

ジョングク
無理?別にしてないけど
あなた

⋯これからはさ
グクは部活に集中していいし、
遊びにだって行っていいからね?

ジョングク
⋯なに急に
あなた

ッだから、
疲れとかもあるだろうし、
自分の部屋に帰ってもいいんだよ

ジョングク
⋯前、決めたよね
2人でテテとジミナの面倒見るって
ジョングク
ぬな、今日変だよ
俺は別になんともないから、
これまで通りでいいじゃん
あなた

⋯ごめん、

思わず下を向くと、
グクはため息をついてソファーに座る


呆れられちゃった


私は何も言わずに自室に入る


あ、テテとジミナ怖がってなかったかな


目の前で言い争っちゃったし





ーグクに、嫌われちゃったかな


どうしていいかわからなくて、涙が出てきた



わかんない、わかんないよ、グク